運営会社

報道関係各位
2019年05月20日
ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社

ニュアンスのハイブリッド型AIソリューションがBanma Network Technology の最新型コネクテッドカー・プラットフォーム「Banma MARS V3.0」に採用

~Banma社のインフォテインメント・プラットフォームに人間らしい音声による対話機能を提供し、ドライバーの生産性と安全性の向上を実現~

ニュアンス・コミュニケーションズ(以下ニュアンス)は、上海汽車集団(SAIC)とアリババ・グループ・ホールディングの合弁会社で車載インフォテインメントを開発するBanma Network Technology(以下Banma社)と技術提携し、ニュアンスの対話型AI搭載の音声認識機能が、Banma社のコネクテッドカー向け最新型インフォテインメント・プラットフォーム「Banma MARS V3.0」に搭載されることを発表しました。

Banma MARS V3.0は、ニュアンスの車載プラットフォームを活用し、複数の同時リクエストへの対応、ナビゲーション、エアコン、照明、音楽といった各種機能の音声操作、さまざまなサードパーティーアプリケーションへのアクセスと調停機能など、ドライバーや同乗者のユーザーエクスペリエンスを向上させる最新の高品質な音声認識機能を提供します。ハイブリッド型音声認識により、組込み型とクラウド型のコンテンツとサービスを組み合わせたニュアンスのプラットフォームは、接続性が低いエリアでも車載システムの操作が可能となり、Banma MARSV3.0に高速でシームレスなパフォーマンスを提供します。また、OTA(無線アップデート機能)によるアップデートによる継続的なシステムの改善にも対応しています。

Banma社のCEO、ハオ・フェイ(Hao Fei)氏は、次のように述べています。
「Banma MARS V3.0は、インターネット・コネクテッドカーを中国全土に普及させるためのBanma社の最新の試みです。そのために、シームレスなユーザーエクスペリエンスは、その目標の最前線にあり、その目標達成に向けてBanma社とニュアンスが共同作業を開始したことは非常に重要だと捉えています。両者の提携により、車内における卓越した音声ユーザーインターフェース体験を設計することができ、Banma MARS V3.0はその第一歩です。」

ニュアンスのオートモーティブ部門エクゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのステファン・オルトマン(Stefan Ortmanns)は、次のように述べています
「Banma社との関係強化を通じて中国のドライバーに独自のユーザーエクスペリエンスを提供できることに期待しています。Banma MARS V3.0は、車載向け音声インターフェースに関する密接な協力だけではなく、製品の差別化をもたらす高いパフォーマンスと新たな機能やコンテンツを備えた、未来の車載アシスタントを共に開発することへの相互的なコミットメントを表しています。」

Banma MARS V3.0は、現在販売中のSAICの栄威(Roewe)Marvel RX5」とフォード の新型「クーガ」に搭載されています。 詳細はhttp://www.ebanma.com/en/index.html(英語サイト)をご覧ください。

ニュアンスの自動車向けソリューションは、2億5千万台以上の自動車に搭載され、40以上の言語でBMW、アウディ、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、ヒュンダイ、SAIC、トヨタなどの世界中の大手自動車メーカーに対話型のインテリジェントなユーザーエクスペリエンスを提供しています。

コネクテッドカーのインテリジェンスを向上させるニュアンスの自動車向け
ソリューションについての詳細はこちらを、ニュアンスの最新情報については LinkedInをご覧ください。


Banma Network Technologyについて
Banma Network Technology(以下Banma社)は2015年に設立された、インターネット・コネクテッドカーのプラットフォームを開発する世界有数の企業です。
Banma社のインフォテインメントシステムは、栄威(Roewe)、MG、マクサス、シトロエン、フォード、クオロス、宝駿(Baojun)、シュコダなどの多数の自動車ブランドに採用されています。Banma社の技術を採用した自動車はすでに70万台以上にのぼり、100社以上の移動に関するエコパートナーを有しています。
Banma社の実績には、車載ソフトウェアを無線でアップデートする世界最大のOTAシステムや、業界初の量産車向け運転支援AR(拡張現実)機能の開発、業界初のオンラインによるコンテンツサービス販売プロモーションの実施などがあります。Banma社は2018年9月、資金調達ラウンドで16億元(約260億円)以上を調達しました。

ニュアンス・コミュニケーションズについて
ニュアンス・コミュニケーションズは、日常生活にインテリジェンスをもたらす、革新的な認知・会話型AIを提供する先駆的なリーダーです。同社は、言語を理解し、分析し、応答するソリューションを提供し、生産性やインテリジェンスの向上に貢献しています。
過去数十年にわたるAIの専門知識を活用し、全世界を通じて、医療、通信、車載、金融サービス、小売などの業界において何千もの企業/組織と協業し、パートナーとそのお客様の関係をより強固にし、より良い体験をお届しています。
詳細はhttp://japan.nuance.com/をご覧下さい。

※ニュアンスおよびニュアンスのロゴは、ニュアンス・コミュニケーションズ社またはアメリカ合衆国および/またはその他の国に所在する子会社各社の商標または登録商標です。その他すべての会社名または製品名も、各所有者の商標である場合があります。

<お問い合わせ先>
アリソン・アンド・パートナーズ株式会社
ニュアンス・コミュニケーションズ広報担当  名倉/多賀/平野
TEL:(03)6809-1300 FAX:(03)6809-1301 E-mail: nuance_pr_japan@allisonpr.com


■ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンのプレスリリース一覧


2019-08-06 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス、オートモーティブ部門スピンオフの新会社名「Cerence Inc.(セレンス・インク)」を発表


2019-07-18 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス・コミュニケーションズ、「ボッシュ グローバルサプライヤーアワード」を受賞


2019-06-17 13:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスのオートモーティブ技術が吉利汽車の革新的な車載ユーザーエクスペリエンス「GKUI」スマートエコシステムに採用
GKUIの主要機能の音声対応を実現

2019-06-10 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス、サンジェイ・ダワンをオートモーティブ事業の責任者に選任
~ハーマン・コネクテッド・サービス部門のプレジデントでハーマン・インターナショナル・インダストリーズのCTOをニュアンスのオートモーティブ事業が分離独立して設立される新法人のCEOに指名~

2019-06-04 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス、BMWの最新インテリジェント・パーソナル・アシスタントに音声対話型AIを提供
ニュアンスの対話型AI搭載のモビリティ・アシスタント・プラットフォームを採用した「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」、新型BMW 3シリーズに初搭載

2019-05-20 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスのハイブリッド型AIソリューションがBanma Network Technology の最新型コネクテッドカー・プラットフォーム「Banma MARS V3.0」に採用
~Banma社のインフォテインメント・プラットフォームに人間らしい音声による対話機能を提供し、ドライバーの生産性と安全性の向上を実現~

2019-05-07 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス・オートモーティブの最新技術、インド初のインターネットカー「MG Hector」に採用
ニュアンスのモビリティ・アシスタント・プラットフォームがMG Hectorおよび今後のMGモデルに搭載されるコネクテッドカー・プラットフォーム「iSMART Next Gen」のシームレスな音声対話を実現

2018-12-21 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス、未来のデジタルカーに向けた新イノベーションを発表、より人間的なユーザーエクスペリエンスを実現
感情AI、強化されたマルチモーダル、ARインタラクション、高度な会話能力などの新たなイノベーションをCES 2019で公開

2018-09-12 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスとAffectiva、感情を認識するAIオートモーティブ・アシスタントを共同開発
~ユーザーの認知や感情の状態を理解する、業界初のインテリジェントなオートモーティブ・アシスタントを開発~

2018-06-13 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスの会話型AIプラットフォーム、メルセデス・ベンツの新型Aクラスに搭載
~ニュアンスのDragon Driveコネクテッドカープラットフォームが、メルセデス・ベンツの革新的なユーザーエクスペリエンスを実現~

2018-01-15 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスのDragon Drive、トヨタのユーザーエクスペリエンス・コンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」のオートモーティブ・アシスタントに採用
~Concept愛iは、ラスベガスで開催されたCES 2018にて展示~

2018-01-10 15:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス、視線検出を統合した対話型AI、スマートホームやバーチャルアシスタントとの高度な相互運用性などのDragon Driveの新機能を発表
車内外のユーザーエクスペリエンスのギャップを埋める運転体験により、未来のクルマのイノベーションを実現

2017-09-12 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスのDragon Drive、新型Audi A8の対話型ユーザーインタラクションを実現
Audi A8のドライバーに、音声によるコネクテッドサービスと車載機能へのシームレスなアクセスを提供

2017-06-13 12:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスのDragon Drive、AIと相互運用性の技術によりオートモーティブ・アシスタントのマルチパッセンジャー対応を実現
Dragon Driveのオートモーティブ・アシスタントがスマートホームへの接続性を拡張し、ドライバーや同乗者によるアプリやサービスへの無制限なアクセスでパーソナライズされた車内体験を提供

2017-05-29 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスとDFKI、自動運転向け認知・対話型AI技術の開発で協業
自動車、医療、カスタマーケアソリューションにおける提携拡大のために、ニュアンスがDFKI内にオフィスを開設、多くのプロジェクトの一つとして新たな調査に着手

2017-01-11 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス、人工知能(AI)をAutomotive Assistantに活用
同乗者も利用可能なAI対応Automotive AssistantとAIテキスト・メッセージング機能をDragon Driveの新機能に追加

2016-11-18 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス・コミュニケーションズ ドライバーのカーナビ/スマホにおける音声認識機能の利用実態を調査
~メールやソーシャルメディアなどの新機能に期待~

2016-10-04 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス、BMWグループから『サプライヤー・イノベーション・アワード』を受賞


2016-01-07 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス、Dragon Drive Automotive Assistantを発表
~CES 2016イノベーション・アワード受賞、ドライバーのニーズを予測するインテリジェントなドライブ体験を実現~

2016-01-06 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスのDragon Drive、新しい対話型車載インフォテインメントを実現
~BMWグループがニュアンスのハイブリッド音声認識とディープ・ニューラル・ネットを活用した自然言語理解技術を採用 簡単、安全に利用できる車載アプリケーションとサービスの提供が可能に~

2015-09-16 15:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンスのDragon Drive、ダイムラー社のコネクテッド型アプリケーションおよびサービスの自然言語インターフェースに採用される
~インテリジェントなクラウドベースの音声技術と自然言語理解技術によって、運転中に、より安全で簡単に利用できるコネクテッド・サービスを提供~

2015-07-17 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
OpenCar、ニュアンス社のDragon Drive テクノロジーと統合
パートナーシップによりコネクテッドカー向けのクラウド・アプリケーションおよびサービスの提供が可能に

2015-01-07 11:00:00 ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン
ニュアンス・コミュニケーションズ、Dragon Driveに声紋認証機能とバーチャルアシスタント機能を新たに追加
~コネクテッドカー・プラットフォームの拡張で、これまでにないパーソナルなドライビング体験を提供~