運営会社

報道関係各位
2020年08月04日
Cerence Japan株式会社

セレンス、コンタクトレス(非接触)決済の需要急増に伴い、車内でセキュアに音声決済できる「Cerence Pay」を発表

アウディと提携し、今後のアウディ・ブランド車にCerence Payの搭載を計画
Cerence Payの拡大するパーキング分野のパートナーに、Arrive、Parkopediaが参加
Visaが中欧地域でのペイメントパートーナーとして参画


自動車業界に向けてAI技術を提供するCerence Inc.(以下セレンス)は、音声対応型AIを活用した車内でのセキュアなコンタクトレス決済エクスペリエンスを提供する新製品「Cerence Pay」を発表しました。Cerence Payは、ドライバーのニーズを予測し、声紋や顔の生体認証を通じて購入意向の確認から認証、そして支払い処理までのシームレスな決済トランザクションを提供するように設計されています。セレンスは現在アウディと提携し、Cerence Payを今後のアウディ・ブランド車のヘッドユニットに搭載する共同プロジェクトを実施しています。

車載音声アシスタントの需要が急増するにつれて、駐車、給油、電気自動車の充電、レストランの予約、ファストフード店の検索など、移動中に発生する日常的なニーズを満たす音声によるコンタクトレス決済の必要性も高まっています。コンタクトレス決済は既に増加傾向にありましたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、この決済方法への要求がさらに高まっています。実際に、Visa社の最近の発表によると、ヨーロッパでのすべてのVisaカードトランザクションの70%以上は、コンタクトレス決済が可能なクレジットカードまたはモバイルデバイスで行われています。

セレンスのアプリケーションズビジネス部門バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるニルス・レンケ(Nils Lenke)は、次のように述べています。「コンタクトレス決済は、食料品店、コーヒーショップ、その他の小売店の人々にとって日常的な出来事になっていますが、弊社は安全性と利便性が最も重要とされる車での移動中に、店舗と同じような素晴らしい決済エクスペリエンスを提供したいと考えています。ドライバーと乗客へのメリットのほかに、OEMはCerence Payを採用することで、声紋や顔の生体認証、そして車のヘッドユニットとコンパニオンアプリとのシームレスな統合を通じて安全でセキュアなトランザクションを実現し、優れた直感的な決済エクスペリエンスを提供することが可能になります」

アウディのコネクテッドカー&インフォテインメント開発部門のエグゼクティブディレクターであるアンドレア・ライヒ(Andrea Reich)は、次のように述べています。
「弊社は、運転中のドライバーのあらゆるニーズを満たすインテリジェントなコンパニオンを中心とした自然で直感的な車内エクスペリエンスの構築に着手しました。Cerence Payは、これに関連したモジュールであり、セキュアな音声認識決済を通じて、よりシンプルで安全なドライブエクスペリエンスを実現する、今日の世界に不可欠な機能です」

世界的なCerence Payパートナーエコシステムの構築
車内決済のニーズに応えるために、セレンスはパートナーエコシステムを長期的に拡大していきます。Cerence Payは、自動車メーカーが採用している決済サービスパートナーやコンパニオンアプリと容易に統合できます。これにより、自動車メーカーは、より柔軟なプラットフォーム上にドライバーの特定のニーズにあった独自のエクスペリエンスを構築することが可能となり、より便利でセキュアな決済オプションを、必要とされる場面でパーソナライズされたコンテンツとともに提供することができます。

また自動車メーカーとコンテンツプロバイダーに新しいトランザクションベースの収益源を提供し、今日のデジタル経済で競争力を維持します。

Cerence Payの初期参加パートナーは、以下の通りです。

  • Arrive社:AIを活用して目的地に最適な駐車場を予測し提案する、単一のシームレスなモビリティエクスペリエンスを提供しています。
  • Parkopedia社:何百万人ものドライバーや組織が駐車場の検索と決済に活用している世界有数の駐車サービスプロバイダーで、89カ国15,000の都市にある7,000万以上の駐車スペースで、ドライバーとコネクテッドカーに新しい高度な駐車エクスペリエンスを提供しています。
  • VISA:デジタルペイメントの世界的なリーダーです。Visaの先進的なグローバル処理ネットワークであるVisaNetは、世界中で安全で信頼性の高い決済を提供し、1秒間に65,000件以上のトランザクションメッセージを処理することができます。Visaの中欧市場には、ドイツ、オーストリア、スイス、オランダが含まれます。

Visa中央ヨーロッパMS&A部門代表であるユルゲン・シューベル(Jürgen Schübel)は、次のように述べています。
「Visaは、世界中の消費者によりシームレスなコマース体験を提供することを目指しており、IoT(モノのインターネット)の一つである車内決済を、非常に大きな機会としてとらえています。そのため、中欧市場を対象にセレンスと仕事ができることを楽しみにしています。消費者にとって、車内での支払いは、店頭でデビットカードやクレジットカードを使うのと同じようにシンプルなものになりますが、Visaのトークナイゼーション(暗号化)技術のおかげで同じくらいに安全な決済方法です。これにより、便利な移動手段のまったく新しい世界が開かれ、次世代の車内決済への道が開かれることになります」

Arrive社の上級副社長であるエド・ルイス(Ed Lewis)は、次のように述べています。
「Arriveは、2017年に音声対応の駐車サービスを開発し、AIへの投資によって、ユーザーエクスペリエンスを一変させました。Arriveのリコメンデーションエンジン搭載の車載アシスタントは、駐車サービスを直感的かつ簡単にして、ユーザーが運転に集中できるようにします。セレンスは音声AIの市場リーダーであり、世界の主要自動車メーカーの信頼されるパートナーです。Cerence Payは、何億人ものユーザーに利益をもたらし、駐車関連サービスは最も利用されるサービスの一つになると予測しています」

Parkopedia社のCOO(最高執行責任者)であるハンス・プフォゲル(Hans Puvogel)は、今回の発表について次のようにコメントしています。 「Parkopediaは、マルチベンダーの駐車料金決済ソリューションを、世界中の自動車メーカーや地図制作会社に提供しているリーディングプロバイダーです。弊社はセレンスのクラウドサービスとの統合において長年にわたる取引関係があり、その延長として、セレンスに駐車料金決済のプラットフォームを提供しています。世界中のドライバーに音声アシスタントを利用したシームレスな決済エクスペリエンスを提供できることを光栄に思います」

魅力的なユーザーエクスペリエンス、より安全で楽しい旅を実現
Cerence Payは、車内決済だけではなくコンテキストを意識した商取引を提供し、関連性があり対話しやすいトランザクションを可能にします。最新のAIベースのテクノロジーにより、パーソナライズされた決済エクスペリエンスでは、クレジットカードを探したりヘッドユニットに難しい情報を入力したりする必要がなくなり、ユーザーは欲しいものを手に入れ運転に集中することができます。さらに、Cerence Payは音声と顔の生体認証を活用して、安全な認証と決済を行います。以下はその利用シーンの一例です。

  • 給油:通勤途中で給油する必要があるドライバーは、音声アシスタントに最寄りのガソリンスタンドへの案内を尋ねます。ガソリンスタンドに到着すると、ドライバーはポンプを選択し、車から直接料金を支払うことができます。またドライバーは、コンビニエンスストアのコーヒーや簡単な洗車を追加することも可能です。
  • 食事とドライブスルー:仕事の後、ドライバーは夕食をどうするか考えています。音声アシスタントは関連する選択肢を提案し、必要に応じてレストランの予約を取ります。またドライバーは、料理を事前に注文して支払い、受け取って家に持ち帰ることもできます。
  • 駐車:ドライバーが夕食のために繁華街に出かけた際、音声アシスタントは事前に路上駐車場がないことを知らせ、目的地から徒歩圏内に利用可能な立体駐車場を探します。空きを見つけたら、音声アシスタントは駐車区画の番号をドライバーに示し、支払処理を開始します。
  • 通行料金:夕食から家に帰る途中で、ドライバーは有料道路を使うルートを通り、システムを利用して支払いを許可します。

Cerence Payの詳細については、www.cerence.com/solutions/cerence-payをご覧ください。 セレンスの詳細については、www.cerence.com をご覧ください。当社の最新情報については 公式LinkedIn およびTwitterからもご覧いただけます。


セレンスについて
セレンス(Cerence Inc.)は、自動車業界向けに独自のソリューションを提供し、ユーザーの心を動かすような体験を創出するグローバル・リーダーです。 当社は世界の大手自動車メーカーと提携し、自動車がドライバーを認知し、反応し、そして学習する方法の変革を支援しています。その実績は、20年にわたる自動車業界への知見と、約3億2,500万台もの自動車への採用によって裏付けられています。コネクテッドカー、自動運転、電気自動車の将来において、セレンスは明確なビジョンを持っています。 詳細については、www.cerence.com をご覧ください。

※セレンスおよびセレンスのロゴは、Cerence Inc.またはアメリカ合衆国および/またはその他の国に所在する子会社各社の登録商標または商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。

<お問い合わせ先>
アリソン・アンド・パートナーズ株式会社
セレンス広報担当  名倉/多賀
E-mail: Cerence_pr_japan@allisonpr.com



■Cerence Japanのプレスリリース一覧


2020-08-04 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、コンタクトレス(非接触)決済の需要急増に伴い、車内でセキュアに音声決済できる「Cerence Pay」を発表
アウディと提携し、今後のアウディ・ブランド車にCerence Payの搭載を計画

2020-05-15 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、アメリカ英語に対応したターンキー型車載音声アシスタント「Cerence ARK Assistant」を発表
~自動車メーカーに向けて、高まる消費者ニーズに対応した車載音声アシスタントのスピーディな展開を提供~

2020-03-05 00:00:00 Cerence Japan
HEREとセレンス、高度なAIを搭載したモビリティアシスタントの開発で提携
~よりパーソナライズされ、文脈理解が可能となった車内体験を世界中のドライバーに提供~

2020-01-23 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、AIパワードコネクテッド カー プラットフォームでLGと連携
~WebOSとCerence ARKのソリューション開発におけるパートナーシップを発表~

2020-01-15 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、CES 2020でボタン操作不要なジェスチャーベースのインタラクションを発表
未来の車内エクスペリエンスを提案

2020-01-09 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、緊急車両検知機能「Cerence EVD」を発表、Cerence Driveのポートフォリオを充実させ、より強化した安全性を実現
~新機能により、ユーザーが車内でより安心、安全に、かつ、より多くの情報に触れられる没入型エクスペリエンスを提供するコミットメントを実現~

2019-12-20 16:00:00 Cerence Japan
セレンス、CES 2020にて業界初の音声とマルチモーダル・インタラクションを採用した自動走行電気自動車を紹介
e.GO MOOVE, e.GO Digitalおよびサンゴバン・セキュリットと共に、自動走行、シェアリングや電気自動車の信頼感を高める自然なインタラクションを紹介

2019-08-06 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、オートモーティブ部門スピンオフの新会社名「Cerence Inc.(セレンス・インク)」を発表


2019-07-18 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・コミュニケーションズ、「ボッシュ グローバルサプライヤーアワード」を受賞


2019-06-17 13:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのオートモーティブ技術が吉利汽車の革新的な車載ユーザーエクスペリエンス「GKUI」スマートエコシステムに採用
GKUIの主要機能の音声対応を実現

2019-06-10 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、サンジェイ・ダワンをオートモーティブ事業の責任者に選任
~ハーマン・コネクテッド・サービス部門のプレジデントでハーマン・インターナショナル・インダストリーズのCTOをニュアンスのオートモーティブ事業が分離独立して設立される新法人のCEOに指名~

2019-06-04 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、BMWの最新インテリジェント・パーソナル・アシスタントに音声対話型AIを提供
ニュアンスの対話型AI搭載のモビリティ・アシスタント・プラットフォームを採用した「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」、新型BMW 3シリーズに初搭載

2019-05-20 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのハイブリッド型AIソリューションがBanma Network Technology の最新型コネクテッドカー・プラットフォーム「Banma MARS V3.0」に採用
~Banma社のインフォテインメント・プラットフォームに人間らしい音声による対話機能を提供し、ドライバーの生産性と安全性の向上を実現~

2019-05-07 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・オートモーティブの最新技術、インド初のインターネットカー「MG Hector」に採用
ニュアンスのモビリティ・アシスタント・プラットフォームがMG Hectorおよび今後のMGモデルに搭載されるコネクテッドカー・プラットフォーム「iSMART Next Gen」のシームレスな音声対話を実現

2018-12-21 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、未来のデジタルカーに向けた新イノベーションを発表、より人間的なユーザーエクスペリエンスを実現
感情AI、強化されたマルチモーダル、ARインタラクション、高度な会話能力などの新たなイノベーションをCES 2019で公開

2018-09-12 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスとAffectiva、感情を認識するAIオートモーティブ・アシスタントを共同開発
~ユーザーの認知や感情の状態を理解する、業界初のインテリジェントなオートモーティブ・アシスタントを開発~

2018-06-13 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスの会話型AIプラットフォーム、メルセデス・ベンツの新型Aクラスに搭載
~ニュアンスのDragon Driveコネクテッドカープラットフォームが、メルセデス・ベンツの革新的なユーザーエクスペリエンスを実現~

2018-01-15 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、トヨタのユーザーエクスペリエンス・コンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」のオートモーティブ・アシスタントに採用
~Concept愛iは、ラスベガスで開催されたCES 2018にて展示~

2018-01-10 15:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、視線検出を統合した対話型AI、スマートホームやバーチャルアシスタントとの高度な相互運用性などのDragon Driveの新機能を発表
車内外のユーザーエクスペリエンスのギャップを埋める運転体験により、未来のクルマのイノベーションを実現

2017-09-12 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、新型Audi A8の対話型ユーザーインタラクションを実現
Audi A8のドライバーに、音声によるコネクテッドサービスと車載機能へのシームレスなアクセスを提供

2017-06-13 12:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、AIと相互運用性の技術によりオートモーティブ・アシスタントのマルチパッセンジャー対応を実現
Dragon Driveのオートモーティブ・アシスタントがスマートホームへの接続性を拡張し、ドライバーや同乗者によるアプリやサービスへの無制限なアクセスでパーソナライズされた車内体験を提供

2017-05-29 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスとDFKI、自動運転向け認知・対話型AI技術の開発で協業
自動車、医療、カスタマーケアソリューションにおける提携拡大のために、ニュアンスがDFKI内にオフィスを開設、多くのプロジェクトの一つとして新たな調査に着手

2017-01-11 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、人工知能(AI)をAutomotive Assistantに活用
同乗者も利用可能なAI対応Automotive AssistantとAIテキスト・メッセージング機能をDragon Driveの新機能に追加

2016-11-18 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・コミュニケーションズ ドライバーのカーナビ/スマホにおける音声認識機能の利用実態を調査
~メールやソーシャルメディアなどの新機能に期待~

2016-10-04 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、BMWグループから『サプライヤー・イノベーション・アワード』を受賞


2016-01-07 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、Dragon Drive Automotive Assistantを発表
~CES 2016イノベーション・アワード受賞、ドライバーのニーズを予測するインテリジェントなドライブ体験を実現~

2016-01-06 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、新しい対話型車載インフォテインメントを実現
~BMWグループがニュアンスのハイブリッド音声認識とディープ・ニューラル・ネットを活用した自然言語理解技術を採用 簡単、安全に利用できる車載アプリケーションとサービスの提供が可能に~

2015-09-16 15:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、ダイムラー社のコネクテッド型アプリケーションおよびサービスの自然言語インターフェースに採用される
~インテリジェントなクラウドベースの音声技術と自然言語理解技術によって、運転中に、より安全で簡単に利用できるコネクテッド・サービスを提供~

2015-07-17 11:00:00 Cerence Japan
OpenCar、ニュアンス社のDragon Drive テクノロジーと統合
パートナーシップによりコネクテッドカー向けのクラウド・アプリケーションおよびサービスの提供が可能に

2015-01-07 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・コミュニケーションズ、Dragon Driveに声紋認証機能とバーチャルアシスタント機能を新たに追加
~コネクテッドカー・プラットフォームの拡張で、これまでにないパーソナルなドライビング体験を提供~