運営会社

報道関係各位
2019年12月20日
Cerence Japan株式会社

セレンス、CES 2020にて業界初の音声とマルチモーダル・インタラクションを採用した自動走行電気自動車を紹介

e.GO MOOVE, e.GO Digitalおよびサンゴバン・セキュリットと共に、自動走行、シェアリングや電気自動車の信頼感を高める自然なインタラクションを紹介

Cerence Inc. (セレンス・インク、以下セレンス)は e.GO MOOVE GmbH (以下e.GO MOOVE)、e.GO Digital GmbH(以下 e.GO Digital) およびSaint-Gobain Sekurit  (以下サンゴバン・セキュリット)と共に、CES 2020のセレンスのブース(LVCC North Hall/ブース番号9305)において、革新的なマルチモーダルが体験できる自動走行電気バス「e.GO Mover」を展示します。

本デモは、未来の自動走行、電気自動車、シェアリングにおける今までにないユーザーエクスペリエンスを紹介します。セレンスは、音声認識、自然言語理解、音声合成、音声信号処理をサンゴバン・セキュリットの透明スクリーン技術と組み合わせることで、電動バスのe.GO Moverと乗客との様々なインタラクションを可能にします。このデモでは、空港からモビリティ・ハブに移動するシチュエーション、つまり、バスが到着するまでの間、バスに乗車する際、走行中、そして降車後、という場面を想定したシミュレーションを通じて、様々な形で車両とのインタラクションを体験できます。このユニークな体験の鍵となるのは、ミニバスの外にいる乗客が音声認識およびガラスの表面を介して車両と情報のやり取りが可能となる、業界初の技術を紹介する点にあります。このユースケースは、消費者が将来どのように自動運転車と安全、かつ効率的にコミュニケーションを取るかを理解する際の重要なニーズのひとつです。

セレンスのCEO、サンジェイ・ダワン(Sanjay Dhawan)は次のように述べています。
「セレンスは、今日の業界のメガトレンドであるコネクティビティ、自動走行、シェアリング、電気自動車の集大成ともいえる、革新的なドライビング・ソリューションをご紹介できることを喜ばしく思います。業界において大多数が、スマートフォン主導の自動運転車とのインタラクションに期待を寄せていますが、セレンスがCESで紹介するマルチモーダルで、多言語に対応した業界初のインタラクションのデモは、一般において自動運転への信頼性を確立し、自動運転技術の採用について着実に前進させるものです」

今回のユーザーエクスペリエンスは、セレンス、サンゴバン・セキュリットおよびe.GO Mover の以下のコアテクノロジーを活用 しています。

  • 多言語対応の音声認識と自然言語理解:乗客が車内あるいは車外で、車両と母国語で会話をすることができます。バスは、それぞれの乗客からどの言語で話しかけられているか(例えば英語なのか、ドイツ語なのか等)を自動的に認識し、その言語で対応することができます。これは対応言語に限界がある人間の運転手にとっても有益なソリューションです。
  • 感情表現に対応した音声合成:バスの乗客と車外にいる人に対して、複数の言語で適切にローカライズされた、人間のようなスムーズな音声案内を実現します。さらに感情表現機能によって、情報の内容や状況に応じて発話のスタイルを変更できます。 例えば、乗客に対する重要な連絡であれば切迫した声のトーンで伝えたり、遅延を知らせる際にはお詫びするような声のトーンに切り替えたりすることができます。
  • 音声信号処理:マイクが取り込んだ音声信号からノイズを除去し、また音声を拾う範囲を狭めて対象を1人に絞って音声認識を行うことができます。これはバスのような複数の利用者が乗車する環境や、バスの外にいる乗客とのインタラクションの際には重要な技術です。
  • 透明スクリーン技術:車内と車外の双方に情報を投影することができます。まるで運転席の後ろにいるような、コンシェルジュやライダー・アシスタントのアバターとしての役割も担います。たとえば、バスの運転ルート情報が車内の複数の場所に表示されたり、座席の付近ではバスとの間でパーソナルなインタラクションを行えたり、車両の外に運行ルートなどの情報を表示したりすることができます。その上、この仕組みが外の眺めを阻むことはなく、乗客は投影されているイメージと共に、車窓の外を見ることができます。

e.GO MOOVEのCEO、ギュンター・シュー(Günther Schuh)教授は次のように述べています。
「未来のモビリティ環境では、発展したスマートシティーをナビゲートしようとするユーザーにとって新たな課題を生み出します。特に、都市環境を静かに移動し、バスの外にいる人々に情報を届ける必要があるe.GO Moverのような電気自動車にとっては、ドライバーがいない自動運転の環境において、利用者が車両と対話して必要な情報を得るための自然な方法を提供することが重要です」

サンゴバン・セキュリットのセールス、マーケティングおよびプロジェクトのバイス・プレジデントであるローラン・コーエン・スカーリ(Laurent Cohen-Scali)は次のように話しています。
「私たちは引き続きセレンスと共に取り組み、自動運転、電気自動車およびシェアリングという新しいコンテキストにおいて透明スクリーン技術を紹介できることを大変嬉しく思います。車内のガラスは乗客と情報を共有するための貴重な領域です。さらに、透明スクリーン技術と音声対話を活用した車外とのやり取りは、自動運転やスマートシティーを念頭に置いて開発された、まったく新しい次元のユーザーと車両とのインタラクションです」

e.GO MOOVE GmbHついて
2018年にe.GO Mobile AGとZF Friedrichshafen(フリードリヒスハーフェン)AGとの合弁企業として設立されたピープルムーバーおよびシャトルバスを開発する同社は、ドイツ・アーヘンで電動ミニバス「e.GO Mover」を生産化しています。e.GO Moverはその手ごろな価格から、経済的なオンデマンドの交通手段として、そして従来の公共交通向けにも利用が可能です。量産開始は2020年7月の予定です。当社が提供するバスは、将来的には高度な自律運転に対応する予定です。詳細についてはwww.e-go-moove.comをご覧ください。

e.GO Digital GmbHについて
業界をリードするテクノロジー企業と共に、当社はデータベース・ビジネスモデルやビジネス・アプリケーションを開発し、新しいモビリティのエコスシステムにおけるビジネス・プロセスやクライアント・アプリケーションの簡素化によって高い評価を得ています。詳細についてはwww.e-go-digital.com をご覧ください。

サンゴバン・セキュリットについて
サンゴバン・セキュリット(Saint-Gobain Sekurit)は、サンゴバン・グループの一員として350年以上の経験とノウハウを誇り、80年以上にわたり車両用ガラスの分野を牽引するトップメーカーです。当社は、より安全で持続可能なモビリティに貢献しながら、快適性とモビリティ体験を向上させるガラス技術を提供しています。サンゴバン・セキュリットは付加価値の高い製品とサービスを3つの市場で提供しています。

  • 自動車メーカーからの委託による自動車ガラス製造・装備
  • 交換用自動車ガラス (アフターマーケット)
  • 輸送機器(バス、トラック、航空機)用ガラス

詳細についてはwww.saint-gobain-sekurit.com をご覧ください。


セレンスについて
セレンス(Cerence Inc.)は、自動車業界向けに独自のソリューションを提供し、ユーザーの心を動かすような体験を創出するグローバル・リーダーです。 当社は世界の大手自動車メーカーと提携し、自動車がドライバーを認知し、反応し、そして学習する方法の変革を支援しています。その実績は、20年にわたる自動車業界への知見と約3億台もの自動車への採用によって裏付けられています。コネクテッドカー、自動運転、電気自動車の将来において、セレンスは明確なビジョンを持っています。 詳細については、www.cerence.com をご覧ください。

<お問い合わせ先>
アリソン・アンド・パートナーズ株式会社
セレンス広報担当  名倉/多賀/平野
TEL:(03)6809-1300 FAX:(03)6809-1301 E-mail: Cerence_pr_japan@allisonpr.com



■Cerence Japanのプレスリリース一覧


2020-05-15 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、アメリカ英語に対応したターンキー型車載音声アシスタント「Cerence ARK Assistant」を発表
~自動車メーカーに向けて、高まる消費者ニーズに対応した車載音声アシスタントのスピーディな展開を提供~

2020-03-05 00:00:00 Cerence Japan
HEREとセレンス、高度なAIを搭載したモビリティアシスタントの開発で提携
~よりパーソナライズされ、文脈理解が可能となった車内体験を世界中のドライバーに提供~

2020-01-23 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、AIパワードコネクテッド カー プラットフォームでLGと連携
~WebOSとCerence ARKのソリューション開発におけるパートナーシップを発表~

2020-01-15 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、CES 2020でボタン操作不要なジェスチャーベースのインタラクションを発表
未来の車内エクスペリエンスを提案

2020-01-09 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、緊急車両検知機能「Cerence EVD」を発表、Cerence Driveのポートフォリオを充実させ、より強化した安全性を実現
~新機能により、ユーザーが車内でより安心、安全に、かつ、より多くの情報に触れられる没入型エクスペリエンスを提供するコミットメントを実現~

2019-12-20 16:00:00 Cerence Japan
セレンス、CES 2020にて業界初の音声とマルチモーダル・インタラクションを採用した自動走行電気自動車を紹介
e.GO MOOVE, e.GO Digitalおよびサンゴバン・セキュリットと共に、自動走行、シェアリングや電気自動車の信頼感を高める自然なインタラクションを紹介

2019-08-06 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、オートモーティブ部門スピンオフの新会社名「Cerence Inc.(セレンス・インク)」を発表


2019-07-18 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・コミュニケーションズ、「ボッシュ グローバルサプライヤーアワード」を受賞


2019-06-17 13:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのオートモーティブ技術が吉利汽車の革新的な車載ユーザーエクスペリエンス「GKUI」スマートエコシステムに採用
GKUIの主要機能の音声対応を実現

2019-06-10 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、サンジェイ・ダワンをオートモーティブ事業の責任者に選任
~ハーマン・コネクテッド・サービス部門のプレジデントでハーマン・インターナショナル・インダストリーズのCTOをニュアンスのオートモーティブ事業が分離独立して設立される新法人のCEOに指名~

2019-06-04 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、BMWの最新インテリジェント・パーソナル・アシスタントに音声対話型AIを提供
ニュアンスの対話型AI搭載のモビリティ・アシスタント・プラットフォームを採用した「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」、新型BMW 3シリーズに初搭載

2019-05-20 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのハイブリッド型AIソリューションがBanma Network Technology の最新型コネクテッドカー・プラットフォーム「Banma MARS V3.0」に採用
~Banma社のインフォテインメント・プラットフォームに人間らしい音声による対話機能を提供し、ドライバーの生産性と安全性の向上を実現~

2019-05-07 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・オートモーティブの最新技術、インド初のインターネットカー「MG Hector」に採用
ニュアンスのモビリティ・アシスタント・プラットフォームがMG Hectorおよび今後のMGモデルに搭載されるコネクテッドカー・プラットフォーム「iSMART Next Gen」のシームレスな音声対話を実現

2018-12-21 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、未来のデジタルカーに向けた新イノベーションを発表、より人間的なユーザーエクスペリエンスを実現
感情AI、強化されたマルチモーダル、ARインタラクション、高度な会話能力などの新たなイノベーションをCES 2019で公開

2018-09-12 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスとAffectiva、感情を認識するAIオートモーティブ・アシスタントを共同開発
~ユーザーの認知や感情の状態を理解する、業界初のインテリジェントなオートモーティブ・アシスタントを開発~

2018-06-13 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスの会話型AIプラットフォーム、メルセデス・ベンツの新型Aクラスに搭載
~ニュアンスのDragon Driveコネクテッドカープラットフォームが、メルセデス・ベンツの革新的なユーザーエクスペリエンスを実現~

2018-01-15 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、トヨタのユーザーエクスペリエンス・コンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」のオートモーティブ・アシスタントに採用
~Concept愛iは、ラスベガスで開催されたCES 2018にて展示~

2018-01-10 15:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、視線検出を統合した対話型AI、スマートホームやバーチャルアシスタントとの高度な相互運用性などのDragon Driveの新機能を発表
車内外のユーザーエクスペリエンスのギャップを埋める運転体験により、未来のクルマのイノベーションを実現

2017-09-12 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、新型Audi A8の対話型ユーザーインタラクションを実現
Audi A8のドライバーに、音声によるコネクテッドサービスと車載機能へのシームレスなアクセスを提供

2017-06-13 12:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、AIと相互運用性の技術によりオートモーティブ・アシスタントのマルチパッセンジャー対応を実現
Dragon Driveのオートモーティブ・アシスタントがスマートホームへの接続性を拡張し、ドライバーや同乗者によるアプリやサービスへの無制限なアクセスでパーソナライズされた車内体験を提供

2017-05-29 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスとDFKI、自動運転向け認知・対話型AI技術の開発で協業
自動車、医療、カスタマーケアソリューションにおける提携拡大のために、ニュアンスがDFKI内にオフィスを開設、多くのプロジェクトの一つとして新たな調査に着手

2017-01-11 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、人工知能(AI)をAutomotive Assistantに活用
同乗者も利用可能なAI対応Automotive AssistantとAIテキスト・メッセージング機能をDragon Driveの新機能に追加

2016-11-18 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・コミュニケーションズ ドライバーのカーナビ/スマホにおける音声認識機能の利用実態を調査
~メールやソーシャルメディアなどの新機能に期待~

2016-10-04 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、BMWグループから『サプライヤー・イノベーション・アワード』を受賞


2016-01-07 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、Dragon Drive Automotive Assistantを発表
~CES 2016イノベーション・アワード受賞、ドライバーのニーズを予測するインテリジェントなドライブ体験を実現~

2016-01-06 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、新しい対話型車載インフォテインメントを実現
~BMWグループがニュアンスのハイブリッド音声認識とディープ・ニューラル・ネットを活用した自然言語理解技術を採用 簡単、安全に利用できる車載アプリケーションとサービスの提供が可能に~

2015-09-16 15:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、ダイムラー社のコネクテッド型アプリケーションおよびサービスの自然言語インターフェースに採用される
~インテリジェントなクラウドベースの音声技術と自然言語理解技術によって、運転中に、より安全で簡単に利用できるコネクテッド・サービスを提供~

2015-07-17 11:00:00 Cerence Japan
OpenCar、ニュアンス社のDragon Drive テクノロジーと統合
パートナーシップによりコネクテッドカー向けのクラウド・アプリケーションおよびサービスの提供が可能に

2015-01-07 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・コミュニケーションズ、Dragon Driveに声紋認証機能とバーチャルアシスタント機能を新たに追加
~コネクテッドカー・プラットフォームの拡張で、これまでにないパーソナルなドライビング体験を提供~