運営会社

報道関係各位
2020年01月09日
Cerence Japan株式会社

セレンス、緊急車両検知機能「Cerence EVD」を発表、Cerence Driveのポートフォリオを充実させ、より強化した安全性を実現

~新機能により、ユーザーが車内でより安心、安全に、かつ、より多くの情報に触れられる没入型エクスペリエンスを提供するコミットメントを実現~

自動車業界に向けてAI技術を提供するCerence Inc.(以下セレンス)は、Cerence Driveテクノロジーおよびソリューションの新機能として「Cerence Emergency Vehicle Detection (緊急車両検知)」(以下Cerence EVD)を発表しました。Cerence EVDは、車内アシスタントと連動し、緊急車両の接近をドライバーに通知し、ドライバーがそれに応じて適切な運転ができるように支援する機能です。セレンスは、全ての人々に、より安全で充実した車内エクスペリエンスを実現するこの画期的な機能を通じ、自動車メーカーとユーザーに付加価値を提供します。

セレンスのコア・オートモーティブ部門エグゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのステファン・オルトマン(Stefan Ortmanns)は、次のように述べています。「多くのドライバーは運転中に、ボリュームを上げて音楽を聴いていたり、他のことに気をとられたりしている最中に、突然近づいてくる緊急車両に気づいて慌てた経験があると思います。当社はこのような問題に取り組むためにCerence EVDを開発しました。この機能は、ドライバーが安全を確保し、道路の状況を把握するのに役立つため、今後普及が進む自動運転車の車内エクスペリエンスにとっても非常に重要なものです」

セレンスは昨年、1,500名以上の米国の消費者を対象に、どのようにテクノロジーを使って車両の周囲の状況に対応しているかについてアンケート調査を実施しました。「車載技術によって今後どのような運転体験の改善を期待しているか」と質問したところ、調査対象の約半数となる44%が、ストレスの多い運転状況において、より多くの支援を求めていると回答しました。

さらに、セレンスのユーザー体験研究機関であるCerence DRIVE Labにおいて、ドライバーの求めるサイレン検知システムの用途や機能について調査を行ったところ、回答者の67%が、サイレンが検知されたらすぐに通知を受け、車内のすべてのオーディオの音量を下げて欲しいと思っていることがわかりました。また調査参加者からは、クルマの内外で大音量の音楽がかかっている時、交通量の多い状況、および郊外や都市という環境において、サイレン検知システムが最も有効であるとの回答が得られました。さらに、サイレンの位置、緊急車両が向かっている方向、クルマと緊急車両との距離なども知りたいと考えていることもわかりました。

Cerence EVDは、車両インテリアとして組み込まれている既存のマイクを使用するため、専用のハードウェアを追加することなく実装できます。緊急サイレン信号の固有で明瞭な音響構造を利用することにより、高い精度でサイレンと、その方向を検知します。これは、複数の国や地域の消防車、救急車、警察車両など様々な種類のサイレンに対応しています。サイレン音が検知されると、ラジオなど車内で再生しているメディアの音量が下がり、車載インフォテインメントシステムを通じてドライバーに緊急車両の接近を通知します。もし再生中の音楽にサイレンの音が含まれていたとしても、音響エコーキャンセル機能によってマイクの入力信号から音楽の成分は削除されるため、車外から聞こえてくるサイレンを正しく検知してドライバーに即座に通知することができます。

Cerence EVDは、2020年以降、多くの車両に採用される予定です。本デモはCES 2020のセレンスのブース(LVCC North Hall/ブース番号9305)において初公開されます。

Cerence EVD およびCerence Driveの詳細についてはwww.cerence.com/solutionsをご覧ください。セレンスの詳細についてはwww.cerence.comをご覧ください。当社の最新情報については公式LinkedIn およびTwitterからもご覧いただけます。


セレンスについて
セレンス(Cerence Inc.)は、自動車業界向けに独自のソリューションを提供し、ユーザーの心を動かすような体験を創出するグローバル・リーダーです。 当社は世界の大手自動車メーカーと提携し、自動車がドライバーを認知し、反応し、そして学習する方法の変革を支援しています。その実績は、20年にわたる自動車業界への知見と、約3億2,500万台もの自動車への採用によって裏付けられています。コネクテッドカー、自動運転、電気自動車の将来において、セレンスは明確なビジョンを持っています。 詳細については、www.cerence.com をご覧ください。

<お問い合わせ先>
アリソン・アンド・パートナーズ株式会社
セレンス広報担当  名倉/多賀/平野
TEL:(03)6809-1300 FAX:(03)6809-1301 E-mail: Cerence_pr_japan@allisonpr.com


■Cerence Japanのプレスリリース一覧


2020-01-23 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、AIパワードコネクテッド カー プラットフォームでLGと連携
~WebOSとCerence ARKのソリューション開発におけるパートナーシップを発表~

2020-01-15 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、CES 2020でボタン操作不要なジェスチャーベースのインタラクションを発表
未来の車内エクスペリエンスを提案

2020-01-09 11:00:00 Cerence Japan
セレンス、緊急車両検知機能「Cerence EVD」を発表、Cerence Driveのポートフォリオを充実させ、より強化した安全性を実現
~新機能により、ユーザーが車内でより安心、安全に、かつ、より多くの情報に触れられる没入型エクスペリエンスを提供するコミットメントを実現~

2019-12-20 16:00:00 Cerence Japan
セレンス、CES 2020にて業界初の音声とマルチモーダル・インタラクションを採用した自動走行電気自動車を紹介
e.GO MOOVE, e.GO Digitalおよびサンゴバン・セキュリットと共に、自動走行、シェアリングや電気自動車の信頼感を高める自然なインタラクションを紹介

2019-08-06 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、オートモーティブ部門スピンオフの新会社名「Cerence Inc.(セレンス・インク)」を発表


2019-07-18 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・コミュニケーションズ、「ボッシュ グローバルサプライヤーアワード」を受賞


2019-06-17 13:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのオートモーティブ技術が吉利汽車の革新的な車載ユーザーエクスペリエンス「GKUI」スマートエコシステムに採用
GKUIの主要機能の音声対応を実現

2019-06-10 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、サンジェイ・ダワンをオートモーティブ事業の責任者に選任
~ハーマン・コネクテッド・サービス部門のプレジデントでハーマン・インターナショナル・インダストリーズのCTOをニュアンスのオートモーティブ事業が分離独立して設立される新法人のCEOに指名~

2019-06-04 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、BMWの最新インテリジェント・パーソナル・アシスタントに音声対話型AIを提供
ニュアンスの対話型AI搭載のモビリティ・アシスタント・プラットフォームを採用した「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」、新型BMW 3シリーズに初搭載

2019-05-20 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのハイブリッド型AIソリューションがBanma Network Technology の最新型コネクテッドカー・プラットフォーム「Banma MARS V3.0」に採用
~Banma社のインフォテインメント・プラットフォームに人間らしい音声による対話機能を提供し、ドライバーの生産性と安全性の向上を実現~

2019-05-07 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・オートモーティブの最新技術、インド初のインターネットカー「MG Hector」に採用
ニュアンスのモビリティ・アシスタント・プラットフォームがMG Hectorおよび今後のMGモデルに搭載されるコネクテッドカー・プラットフォーム「iSMART Next Gen」のシームレスな音声対話を実現

2018-12-21 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、未来のデジタルカーに向けた新イノベーションを発表、より人間的なユーザーエクスペリエンスを実現
感情AI、強化されたマルチモーダル、ARインタラクション、高度な会話能力などの新たなイノベーションをCES 2019で公開

2018-09-12 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスとAffectiva、感情を認識するAIオートモーティブ・アシスタントを共同開発
~ユーザーの認知や感情の状態を理解する、業界初のインテリジェントなオートモーティブ・アシスタントを開発~

2018-06-13 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスの会話型AIプラットフォーム、メルセデス・ベンツの新型Aクラスに搭載
~ニュアンスのDragon Driveコネクテッドカープラットフォームが、メルセデス・ベンツの革新的なユーザーエクスペリエンスを実現~

2018-01-15 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、トヨタのユーザーエクスペリエンス・コンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」のオートモーティブ・アシスタントに採用
~Concept愛iは、ラスベガスで開催されたCES 2018にて展示~

2018-01-10 15:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、視線検出を統合した対話型AI、スマートホームやバーチャルアシスタントとの高度な相互運用性などのDragon Driveの新機能を発表
車内外のユーザーエクスペリエンスのギャップを埋める運転体験により、未来のクルマのイノベーションを実現

2017-09-12 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、新型Audi A8の対話型ユーザーインタラクションを実現
Audi A8のドライバーに、音声によるコネクテッドサービスと車載機能へのシームレスなアクセスを提供

2017-06-13 12:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、AIと相互運用性の技術によりオートモーティブ・アシスタントのマルチパッセンジャー対応を実現
Dragon Driveのオートモーティブ・アシスタントがスマートホームへの接続性を拡張し、ドライバーや同乗者によるアプリやサービスへの無制限なアクセスでパーソナライズされた車内体験を提供

2017-05-29 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスとDFKI、自動運転向け認知・対話型AI技術の開発で協業
自動車、医療、カスタマーケアソリューションにおける提携拡大のために、ニュアンスがDFKI内にオフィスを開設、多くのプロジェクトの一つとして新たな調査に着手

2017-01-11 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、人工知能(AI)をAutomotive Assistantに活用
同乗者も利用可能なAI対応Automotive AssistantとAIテキスト・メッセージング機能をDragon Driveの新機能に追加

2016-11-18 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・コミュニケーションズ ドライバーのカーナビ/スマホにおける音声認識機能の利用実態を調査
~メールやソーシャルメディアなどの新機能に期待~

2016-10-04 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、BMWグループから『サプライヤー・イノベーション・アワード』を受賞


2016-01-07 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス、Dragon Drive Automotive Assistantを発表
~CES 2016イノベーション・アワード受賞、ドライバーのニーズを予測するインテリジェントなドライブ体験を実現~

2016-01-06 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、新しい対話型車載インフォテインメントを実現
~BMWグループがニュアンスのハイブリッド音声認識とディープ・ニューラル・ネットを活用した自然言語理解技術を採用 簡単、安全に利用できる車載アプリケーションとサービスの提供が可能に~

2015-09-16 15:00:00 Cerence Japan
ニュアンスのDragon Drive、ダイムラー社のコネクテッド型アプリケーションおよびサービスの自然言語インターフェースに採用される
~インテリジェントなクラウドベースの音声技術と自然言語理解技術によって、運転中に、より安全で簡単に利用できるコネクテッド・サービスを提供~

2015-07-17 11:00:00 Cerence Japan
OpenCar、ニュアンス社のDragon Drive テクノロジーと統合
パートナーシップによりコネクテッドカー向けのクラウド・アプリケーションおよびサービスの提供が可能に

2015-01-07 11:00:00 Cerence Japan
ニュアンス・コミュニケーションズ、Dragon Driveに声紋認証機能とバーチャルアシスタント機能を新たに追加
~コネクテッドカー・プラットフォームの拡張で、これまでにないパーソナルなドライビング体験を提供~