運営会社

報道関係各位
2020年02月18日
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

日揮がeVDI(エンジニアリング用仮想デスクトップ基盤)にPure Storage製品を導入し、大規模プラント設計業務を大幅に効率化

~ストレージの性能向上で3Dデータの大容量化と多様なデータプールに対応~

モダン・データ・エクスペリエンスを提供するデータソリューションのリーダーであるPure Storage, Inc.の日本法人であるピュア・ストレージ・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 田中 良幸、以下 ピュア・ストレージ)は、グローバルで総合エンジニアリング事業や機能材製造事業を手掛ける日揮ホールディングス株式会社のグループ会社、日揮グローバル株式会社(以下 日揮)にオールフラッシュストレージPure Storage FlashArray//X50 R2が採用されたと発表しました。設計環境の「エンジニアリング用仮想デスクトップ基盤(eVDI)」のストレージを強化することで、日揮は大規模プラント設計業務の効率を大幅に向上させました。

プラント建設のグローバル化・大規模化が進む中、日揮の主事業であるプラントのEPC(設計・調達・建設)事業では、大規模プラント設計業務向けに2013年度に構築したエンジニアリング用仮想デスクトップ基盤(eVDI)のインフラ刷新を検討していました。このCAD用クライアントeVDIでは、3Dデータを用いて配管、電気制御など設計の事前チェックや設備運転のしやすさの確認など様々な用途に用いられています。そのため3Dデータは増え続け、膨大になり、VDIイメージの展開にも時間がかかっていました。

さらに、日揮のeVDIでは多種多様なデスクトップ環境に対応することが求められていました。お客様によって使用するCAD製品の種類やバージョンが異なり、各プロジェクトを担当する部門ごとにeVDIへのアクセス先を分ける必要が生じるためです。そのため「プロジェクト」、「部門」、「アプリケーション」を様々に合わせた、幅広いプールを準備しています。

このようなニーズに対応するため、大容量データの高速処理が可能なFlashArrayが選択され、プラント設計における迅速なレスポンスと高い処理能力を実現しました。大容量データを扱う場合でも遅延が発生することなく、レスポンス時間も旧ストレージと比較して10から20分の1に短縮、始業時のブートストームも解消、大量のVDIイメージを迅速に展開できるなど、作業スピード・処理速度が全面的に向上しました。

またFlashArrayのクラウドベースの管理ツール「Pure1」で、運用管理作業も容易かつ効率的に行えるようになりました。自動的にアラートが通知されるだけでなく、スマートフォンやタブレットからストレージの状況を確認できるため、時間や場所、デバイスにとらわれることのないデータ管理が可能となりました。 FlashArrayのインライン圧縮・重複排除機能により、データ容量を最大約18分の1に削減でき、余裕ができたリソースを他のシステムに統合するなど、リソースの有効活用が可能となりました。 さらに、常に最新の技術環境を維持できるサポートプログラム「Evergreen Storage」も高く評価されました。

日揮は、将来、AIやディープラーニングといった最新技術の適用などにもPure Storage製品の高速性を生かしていく予定です。ピュア・ストレージは、お客様の新たな取り組みを引き続き支援し、データから最大の価値を引き出し、お客様のビジネス拡大に貢献していきます。

ピュア・ストレージのFlashArrayについて詳しくは、下記URLをご覧ください。 https://www.purestorage.com/jp/products/flasharray-x.html


ピュア・ストレージについて
ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、急速な成長を遂げているエンタープライズIT企業の1つとして、企業がデータを強みに変えるためのソリューションを提供しています。ピュア・ストレージのソリューションにより、企業はデータをより有効に利用できるだけでなく、インフラ基盤の複雑性を解消し、管理コストを削減することができます。ピュア・ストレージが提供する「モダン・データ・エクスペリエンス」は、真の「サービスとしてのストレージ(STaaS:Storage-as-a-Service)」モデルによって、すべてのクラウド間でシームレスな自動化運用を実現します。ピュア・ストレージは、NPS顧客満足度調査においてB2B企業の上位1%に値する高評価を受賞しました。

アナリストの評価
ピュア・ストレージ、ガートナー社の2019 年版マジック・クアドラント 「プライマリストレージ部⾨」において、「リーダー」の評価を獲得: https://www.purestorage.com/jp/resources/type-a/gartner-mq-2019.html

Pure Storageのソーシャルネットワーク
ブログ: https://blog.purestorage.com/ja/
Facebook: https://www.facebook.com/PureStorageJP/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCDmM7wvEXQjoNpBpFM_mCWg

Pure Storage、「P」ロゴマークおよびEvergreen Storageは、Pure Storage, Inc.の登録商標です。このプレスリリースのすべての商標または名称は、それぞれの所有者に帰属します。

【本件に関するお問合せ】
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 マーケティングマネージャー 吉留
Tel: 03-4563-7443 E-mail: pr-japan@purestorage.com

アリソン・アンド・パートナーズ株式会社 ピュア・ストレージ・ジャパンPR担当 山本/井山
TEL: 03-6809-1300 FAX: 03-6809-1301 E-mail: PureJP@allisonpr.com



■ピュア・ストレージ・ジャパンのプレスリリース一覧


2020-03-24 00:00:00 ピュア・ストレージ・ジャパン
ピュア・ストレージ、パフォーマンスを向上させた、完全NVMe対応の次世代FlashArrayを発表
フラッグシップ・プラットフォームのハード/ソフトウェアのアップグレードがイノベーションを加速

2020-03-10 00:00:00 ピュア・ストレージ・ジャパン
ピュア・ストレージ、Google CloudのAnthos Ready Storage イニシアチブに参加
~クラウド・ネイティブな連携を拡張し、モダン・データ・エクスペリエンスを引き続き提供~

2020-02-18 11:00:00 ピュア・ストレージ・ジャパン
日揮がeVDI(エンジニアリング用仮想デスクトップ基盤)にPure Storage製品を導入し、大規模プラント設計業務を大幅に効率化
~ストレージの性能向上で3Dデータの大容量化と多様なデータプールに対応~