運営会社

報道関係各位
2019年2月14日
Tableau Japan 株式会社

自然言語処理によるデータ分析機能を搭載したTableau最新バージョン2019.1を発売

データに関する質問が簡単に、データ分析の民主化を加速
Tableau Prep Conductorでデータ準備・管理がより簡単に


データ分析プラットフォームで世界をリードするTableau Software(NYSE:DATA)は、自然言語処理の新機能「データに聞く(Ask Data)」を搭載した新バージョン2019.1を本日、発売します。「データに聞く」は、データに関する質問を平易な言葉で入力できるようになり、すぐに視覚的な回答を得られる機能です。この機能は特許出願中で、データ分析の知識がなくても、面倒な設定やプログラミングを組むことなく、簡単にインサイトを得られるのが特長です。またセルフサービスのデータ準備のスケジューリングや管理ができる新しいアドオン製品Tableau Prep Conductorが追加されました。ユーザーは最新のデータを確実に利用できるようになり、質の高い判断や意思決定が可能になります。

データと対話する革新的な方法「データに聞く」
「データに聞く」を使えば、ユーザーは平易な言葉で質問することができ、それに対して瞬時に分析結果が視覚化されて提供されます。例えば、「What were my sales this month(今月の売上高は)?」と質問を入力するだけで、今月の売上が売上地域を示す地図データや製品別グラフなどのビジュアライゼーションの形で表示されます。ユーザーは、さらに質問を続けたり、ドラッグ&ドロップを用いたりしてデータを探索できます。データの構造の知識や設定やプログラミングのスキルは不要です。

「データに聞く」 はユーザーの意図を理解した高度なアルゴリズムを使用しており、それにより Tableau が的確な分析結果を返すことを可能にしています。「データに聞く」 の高度な構文解析ツールは、曖昧な文脈や不完全な文章も理解します。例えば、「最も人気のある」「最も早い」など様々に解釈できる質問の場合、「データに聞く」はデータソースと過去のユーザーの行動とを結び付けて、いくつもの選択肢を提示します。必要であれば、結果を絞り込むこともできます。

「データに聞く」は、Tableau Server および Tableau Online に実装されており、追加費用はかかりません。「データに聞く」は、Tableau Serverの既存のセキュリティやガバナンス機能と連携しています。

Tableau Japan株式会社 社長の佐藤 豊は次のように述べています。「この新機能によりデータ分析の知識がない方々でも、データをもっと身近に感じることができ、気軽にデータと会話することでデータを容易に分析できます。データの構造を気にせずに分析が可能になるため、データ分析をさらに多くの方々に使っていただけるようになると期待しています」

注)「データに聞く(Ask Data)」のインタフェースはサポートされるすべての言語で利用でき、フィールド名とデータ自体は英語である必要はありません。「データに聞く」で使用する実際の質問は英語に限られています。

新しいData ManagementパッケージのTableau Prep Conductorを追加
Tableau Data Managementという新しいサブスクリプションパッケージの一部としてTableau Prep Conductorが追加されました。Tableau Server 2019.1 にアップグレードして Tableau Data Management をサブスクライブすることで、この機能を既存の Tableau 環境に追加できます。

Prep Conductor は、分析用にクリーニングされたデータを常に利用できるように、Tableau Prep Builder (11,000 以上の顧客アカウントですでに使用されている Tableau Prep Desktop の新しい名称) で作成されたプロセス (フロー) を自動化します。Prep Builder を使って分析用に信頼できるデータを素早く準備し、Prep Conductor でこれらのデータを自動的に最新の状態に保つことができます。

Tableau Prep Conductor は Tableau Server に統合されており、新たな導入や設定は不要です。そのため、IT 部門等の中心チームは同じ認証、パーミッション、インフラストラクチャを活用して、サーバー全体でフローをスケジュールすることができます。さらに、制御を維持し、データのコンプライアンスのニーズやポリシーを満たすために、特にデータフローとデータソースに関するパーミッションを作成できます。また、フローとアラートの一元管理によってデータソースの健全性に対する可視性が強化されます。

Tableau Data Management パッケージは Tableau Server のアドオンとして、1 ユーザーあたり年間8千円 で今すぐ購入できます。またこのパッケージは、Tableau Online を対象に限定リリースとして利用可能です。2019.1 および Tableau Data Management に関する詳細はwww.tableau.com/ja-jpをご覧ください。

その他の新機能:Google広告コネクタとPowerPointエクスポート
2019.1 には、Google 広告コネクタも含まれています。これによってマーケティング担当者は、Web サイトデータをさらに簡単に分析でき、組織全体の他のデータソースとのブレンドが可能になります。このコネクタは、Google BigQuery、Salesforce、Amazon Redshift、Snowflake、SAP HANA など、すでに利用可能な 65 のネイティブコネクタに新たに追加されるものです。また、PowerPoint にエクスポートできる新たな機能では、スライドに合わせてビジュアライゼーションとダッシュボードの調整が可能であり、ボタンをクリックするだけで分析をプレゼンテーションに組み込めます。

2019年後半に追加される機能
2019 年後半には、Tableau Data Management に新しいカタログ作成機能も追加される予定です。これにより、組織は所有するデータに対する可視性を得られ、エンドユーザーはデータをより簡単に見つけることができるようになります。カタログ作成機能を使用することで、お客様は単一の場所から多数のタイプのデータを検索できるようになります。強化されたメタデータによって追加のコンテキストや詳細も提供されるため、確実に理解し正しいデータを選択していることが分かります。このカタログ機能で優れた可視性を得ることができ、環境を維持するためのより優れた制御を実現できます。これによって時間が節約され、コスト高となる使用ワークブックの破損を回避できます。


Tableau Software について
Tableau (NYSE: DATA) のミッションは、お客様がデータを見て理解できるように支援することです。Tableau を利用すれば、簡単に情報を分析してビジュアル化し、共有することができます。すでに世界で 86,000 を超えるお客様が Tableau を導入し、オフィスや外出先で簡単にデータ分析を行っています。また、無料のデータビジュアル化ツールである Tableau Public を利用して、数十万人のユーザーが、データをブログや Web サイトで共有しています。ぜひ無料トライアル版をお試しください。www.tableau.com/ja-jp/trial からダウンロードできます。

Tableau および Tableau Software は、Tableau Software, Inc. の商標です。その他の社名および製品名は各社の商標です。

【報道関係からのお問合せ先】
Tableau Software 広報代理 アリソン・アンド・パートナーズ株式会社 担当:水本・山本 E-mail: Tableau_pr_japan@allisonpr.com Tel: 03-6809-1300 Fax: 03-6809-1301

###
将来予想に関する記述
本プレスリリースには、「将来予想に関する記述」が記載されています。これは、リスク、不確定要素、仮定などを内包しています。不確定要素が現実のものとなったり、仮定が誤りであると証明されたりした場合、Tableau 製品の使用による結果は、将来予想に関する記述により示される結果と大きく異なる可能性があります。歴史的事実に関する記述を除くすべての記述は、「将来予想に関する記述」と見なされます。これには、製品の機能、性能、統合やセキュリティに関する予測のほか、新しい、計画されている、またはアップグレードされた製品機能や製品開発に関する記述が含まれます。これらの、そしてそれらに限定されない重要なリスク要因は、米国証券取引委員会 (SEC) への提出書類に記載されています。これには、最も最近に提出された Tableau の書式 10-Q、書式 10-K による年次報告書、その他の報告書および SEC への提出物を含みます。これらのリスク要因は、実際の結果が予測と異なる原因となることがあります。Tableau は、将来予想に関する記述を作成した日以降に発生した事柄または状況によってこれを更新する義務を負いません。
本プレスリリースまたはその他のプレスリリースやプレゼンテーション、あるいは公式発表で言及されている未発売のサービス、機能または製品は、現在利用できません。これらは、予定どおりに提供されない場合があり、まったく提供されない場合もあります。Tableau の製品やサービスを購入するお客様は、現在利用できる機能に基づいて、購入の意思決定を行ってください。



■Tableau Japanのプレスリリース一覧


2019-02-14 11:00:00 Tableau Japan
自然言語処理によるデータ分析機能を搭載したTableau最新バージョン2019.1を発売
データに関する質問が簡単に、データ分析の民主化を加速

2018-12-11 11:00:00 Tableau Japan
三菱重工航空エンジンがTableauを採用し、データドリブンを推進
サブスクリプションライセンスの活用で全社的にデータの「見える化」を拡大し、業務効率と品質を向上

2018-10-25 11:00:00 Tableau Japan
Tableau がイノベーションロードマップを Tableau Conference で公開 自然言語を通じたデータ対話の新手法を発表
プラットフォーム機能の拡張により、企業のデータ管理とより多くの人によるデータ利用が可能に

2018-08-07 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2018.2 で新リリースの拡張 API を使って開発者による機能拡張がさらに可能に
Tableau Server の管理をさらに柔軟にする Tableau サービスマネージャーと地理空間分析の可能性を広げる空間データの結合が新登場