運営会社

報道関係各位
2020年08月28日
Tableau Japan 株式会社

Tableau 2020.3 の新機能:外部データベースへの書き込み、管理ツールの強化

新たな機能により、厳格なデータガバナンスを維持しながら、データ準備の強化、データソース接続の拡張、スケーラビリティの向上を実現

分析プラットフォームで世界をリードする Tableau Software は本日、Tableau 2020.3 の一般提供を発表しました。新バージョンでは、Tableau Prep Builder から直接、外部のデータベースへの出力および外部データベースの更新ができる機能が追加されました。これにより、Tableau プラットフォームはより広範なデータ準備のニーズに対応できるようになります。また、この最新リリースには、組織内のさまざまなグループに製品ライセンスを付与する Tableau 管理者の作業を簡素化する新しいツールも含まれています。Tableau 2020.3 にアップグレードすることで、これらの機能や主要なデータベースプロバイダーとの新たな統合をすぐに利用できます。最新の機能に関する詳細や、今すぐ Tableau 2020.3 にアップグレードする方法については、https://www.tableau.com/ja-jp/products/new-features をご覧ください。

「Tableau 2020.3 の新機能により、Tableau プラットフォーム全体が引き続き強化され、ユーザーはこれまでにない規模で分析機能を容易に拡張できます。外部データベースへの書き込み機能の導入により、Tableau Prep を使用して、データサイエンスからデータガバナンスまでを含む、Tableau プラットフォーム外での分析ユースケースに対応できるようになりました」と、Tableau Software の CPO (最高製品責任者)、Francois Ajenstat は述べています。

Tableau を超えたデータ準備
Tableau Prep Builder での新しいデータベースへの書き込み機能により、データ準備プロセスのガバナンス管理と拡張性がさらに向上するとともに、組織のその他の IT インフラストラクチャとより緊密に統合できるようになりました。クリーニングされ準備されたデータを、Tableau Prep Builder からオンプレミスまたはクラウドベースのデータベースに保存し、組織のガバナンス管理を確保しながら、そのデータをすぐに利用して Tableau で分析できるようになりました。データベースにデータを保存することで、そのデータベースに接続されたその他のどのアプリケーション (機械学習やデータマイニングアプリケーションなど) でも、クリーニングされた同じデータを利用することができます。この新しいツールでは、Tableau ユーザーが使い慣れているドラッグ & ドロップ操作で視覚化することができ、誰もが簡単にデータフローをデータベースにパブリッシュできます。複雑なコーディングやサードパーティーのツールは不要です。Tableau Data Management を使用するユーザーは、出力を Tableau Catalog に自動的に追加できるようになり、そこでリネージとインパクトの追跡、メタデータの追加、データ品質に関する警告の追加ができます。それらのテーブルは Tableau で検索でき、クリーニングされたデータを簡単に組織全体に展開することができます。

「過去数年にわたって継続的に Tableau が達成してきたことは、Tableau がお客様のニーズだけでなく、データおよび BI 市場がどのように進化しているかについて正確に把握していることを示すものです。Tableau 2020.3 で導入された機能は、その考え抜かれたエンジニアリングの歴史をさらに継続させるものであり、お客様に対する真のデータファーストの考え方を促進するものです。Tableau Prep に組み込まれた新しい『データベースへの書き込み』機能により、ユーザーにはバリューチェーンの早い段階でデータを準備できる機会がもたらされるため、組織全体で誰もがさらにデータを使えるようになります」と、Omdia 社の AI プラットフォーム部門のデータおよび分析担当チーフアナリスト、 Brad Shimmin氏は述べています。

エンタープライズ管理のシンプル化
Tableau 2020.3 では、ライセンス管理やモバイルデバイス管理の強化など、Tableau 管理者向けの新しいツールが導入されており、エンタープライズ全体に簡単かつ安全に分析プラットフォームを導入できます。iOS、BlackBerry、および Android 向けの新しいモバイルアプリは、組織全体でデータを表示、分析、活用する迅速で安全な方法を提供します。管理者は、サインイン時にライセンスを付与できる新しい機能を使用できるようになります。この機能では、Tableau アカウントへの初めてのログイン時にライセンスと役割 (Viewer、Explorer、または Creator) が自動的に付与されるようにチームメンバーを指定することができます。管理者は、ユーザーのログイン前に役割を割り当てることで、これまで 1 回限りの Tableau ライセンスの発行や、組織のニーズの変更に合わせてライセンスを解除したり、ユーザー間でライセンスを切り替えたりするために費やしていた貴重な時間を節約できます。

複雑な分析を簡単に実行
Tableau 2020.3 には、予測や空間データの結合などの複雑な分析を誰もが簡単に実行できるようになる新しい機能も追加されています。使い慣れた表計算プロセスに組み込まれた新しい予測モデリング機能により、サードパーティーの拡張機能や、R または Python を使用した複雑なコーディングの必要性がなくなります。また、Tableau プラットフォームから離れることなく、データ内のリレーションシップをより深く理解し、データに関する予測を行うのに役立つ予測モデルの構築および更新ができるようになりました。計算式の新しい「IN」演算子により、特定の値がセット、コンマ区切りリスト、または結合済みフィールド内に存在しているかどうかをテストすることで、値の大規模なリストの比較タスクが簡素化されます。また、空間ファイルに関する新しいユニオン機能を使用すると、同じ管理レベル内の異なる地理的データを組み合わせたり、同じ場所からの特定の期間のデータを比較したりすることができるため、空間データをより簡単に分析できます。

Tableau 2020.3 では、Tableau 拡張ギャラリーへのコネクタの導入により、Tableau プラットフォームの接続性も拡張されています。Tableau 拡張ギャラリーは、Tableau がネイティブでサポートしている以外のデータソースにアクセスすることを可能にする、パートナーが構築した新しい統合機能のコレクションです。Actian、Dremio、Elasticsearch、Ocient、Qubole、SQream、Yellowbrick などのパートナーが構築した、すぐに使えるそれらのコネクタは、これらのデータベースへのより高性能な接続を提供します。ギャラリー内にあるサードパーティーのコネクタに加えて、2020.3 では SAP HANA へのネイティブコネクタも改善され、HANA のテーブル関数への接続機能が含まれています。

本日のリリースや無料トライアル版について詳しくは、tableau.com/ja-jp/new-features をご覧ください。


Tableau について
Tableau はお客様がデータを見て理解できるように支援します。Tableau のセルフサービス分析プラットフォームでは、どのようなスキルレベルのユーザーでもデータを使用した作業が可能です。個人や NPO、政府機関、そして Fortune 500 企業まで、世界中の何万にも及ぶお客様が Tableau を使用して迅速にインサイトを取得し、影響力のあるデータドリブンな意思決定を行っています。ぜひ無料トライアル版をお試しください。www.tableau.com/ja-jp/trial からダウンロードできます。

【報道関係からのお問合せ先】
Tableau Software 広報代理  アリソン・アンド・パートナーズ株式会社  担当:水本・山本
E-mail:Tableau_pr_japan@allisonpr.com



■Tableau Japanのプレスリリース一覧


2020-08-31 11:00:00 Tableau Japan
大正大学・Tableau・Excellenceがデータサイエンス教育で産学連携
~文系大学で初めて学生・教員・職員にTableauを導入し、授業・研究活動・大学運営に活用~

2020-08-28 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2020.3 の新機能:外部データベースへの書き込み、管理ツールの強化
新たな機能により、厳格なデータガバナンスを維持しながら、データ準備の強化、データソース接続の拡張、スケーラビリティの向上を実現

2020-06-02 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2020.2が強力なマルチソース分析用の新たなデータモデリングとKPI監視メトリクスを提供


2020-02-28 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2020.1が動的パラメーター、ビジュアライゼーションアニメーション、管理ツールなどコミュニティから生まれた新機能を提供
新機能でデータをこれまで以上に活用できるように

2020-01-07 11:00:00 Tableau Japan
2020年は「データの時代」を生き抜くための「データカルチャー」を築く年へ


2019-11-28 11:00:00 Tableau Japan
アジア太平洋地域でData Readiness Index(データ対応力指標)の高い先行レベルの企業は遅滞レベルの企業より9割高いビジネスパフォーマンスを達成
日本はアジアで第3位、発展途上レベルの組織の比率が最も高い

2019-11-14 11:00:00 Tableau Japan
Tableauの12回目の年次カスタマーカンファレンスに世界最大規模となるデータマニアのコミュニティが集結
組織全体でデータカルチャーの構築に役立つTableau Blueprintを発表

2019-11-14 11:00:00 Tableau Japan
Tableauが過去最大規模のグローバルパートナーサミットでTableau Partner Networkを発表
パートナーはカスタマイズされたパートナートラック、リソース、インセンティブにより顧客のデータジャーニーの全ての段階で価値の提供が可能に

2019-09-27 11:00:00 Tableau Japan
Tableau が新しい Tableau Catalog でデータ管理機能を強化 新しい Server Management Add-on の提供を開始
Tableau 2019.3 リリースでは、エンタープライズ全体でより簡単に Tableau 導入環境を管理および拡張することが可能に

2019-09-27 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 最新リリースの「データの説明を見る」機能で AI による分析を拡張
Tableau 2019.3 では、データに関するインサイトが自動的に Tableau プラットフォームに表示

2019-08-26 11:00:00 Tableau Japan
九州工業大学とTableauがデータサイエンス教育で協力
新入生向けノートPCにTableauを搭載、大学院に新設したデータサイエンスコースでも採用

2019-05-23 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2019.2 で位置データをより鮮明かつスムーズにマッピングする新機能がリリース
最新リリースで業界最高水準の地理空間分析機能と新しい作成機能が登場し、一層パワフルで柔軟な分析が可能に

2019-02-14 11:00:00 Tableau Japan
自然言語処理によるデータ分析機能を搭載したTableau最新バージョン2019.1を発売
データに関する質問が簡単に、データ分析の民主化を加速

2018-12-11 11:00:00 Tableau Japan
三菱重工航空エンジンがTableauを採用し、データドリブンを推進
サブスクリプションライセンスの活用で全社的にデータの「見える化」を拡大し、業務効率と品質を向上

2018-10-25 11:00:00 Tableau Japan
Tableau がイノベーションロードマップを Tableau Conference で公開 自然言語を通じたデータ対話の新手法を発表
プラットフォーム機能の拡張により、企業のデータ管理とより多くの人によるデータ利用が可能に

2018-08-07 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2018.2 で新リリースの拡張 API を使って開発者による機能拡張がさらに可能に
Tableau Server の管理をさらに柔軟にする Tableau サービスマネージャーと地理空間分析の可能性を広げる空間データの結合が新登場