運営会社

報道関係各位
2021年06月30日
Tableau Japan 株式会社

Tableau は拡張分析を強化し、AI のパワーを全ての人に提供

Tableauと Salesforce の最新製品リリースの機能でさらに多くのユーザーがデータを見て理解できるように

リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM) は、新しく拡張された拡張分析スイートに、データ分析と AIを組み合わせました。Tableau の最新リリースにより、役割やスキルレベルに関係なく、より多くのユーザーが適切なテクノロジーを活用して、よりスマートで迅速な意思決定を行うことができるようになります。

新しいIDCの調査*1によると、強力なデータカルチャーは、業界や地域に関係なく、コラボレーション、イノベーション、信頼や説明責任などの測定可能な価値を含む多くの利点を生み出しています。しかし、 期待と現実の間にはギャップがあります。CEOの83%は、組織がよりデータドリブンであることを期待していますが、データ分析を使用して意思決定することに抵抗がない従業員はわずか33%です。

IDC のFuture of Intelligence担当の調査ディレクターであるChandana Gopal氏は、次のように述べています。 「組織は、適切な技術投資とデータカルチャーへのフォーカスを組み合わせて、成長を促進し、イノベーションを育むことができます。組み込み AI や拡張分析などのテクノロジーは、従来の BI や高度なアナリスト ユーザーを超えて分析を民主化し、すべての働き手の、よりデータドリブンな意思決定を可能にします」

Tableau の主な拡張分析の新機能には、次のようなものがあります。

  • 「データに聞く」機能:Tableau Server および Tableau Online のライセンスがあればすべてのユーザーは、重要な更新機能を使用できるようになりました。より多くの人が、ロールに関係なく、自然言語を使用してビジネス上の質問に答えられます。最も関連性の高い質問をできるようユーザーを導いてくれる新しい入力エクスペリエンスと、統合されたシンプルでパーソナライズされたエクスペリエンスを実現する統合ダッシュボードを搭載した新リリースの当機能により、データに関する質問を的確にできる人が劇的に増加します。
  • 「データの説明を見る」機能:Tableau Server および Tableau Online のすべてのロールとすべてのユーザーが、「データの説明を見る」を使用できるようになりました。強力な統計手法と機械学習を使用して、データ ポイントの背後にある理解可能な説明を明らかにすることで、データの 「なぜ」に答えるのに役立ちます。より幅広いユーザー向けに最適化された UI を使用することで、ビジネス ユーザーは特定のデータ ポイントの背後にあるドライバーをすぐに理解できるようになりました。また、「データの説明を見る」は、ビジュアライゼーションに表示される以外のデータ ソース全体の説明を検索することで、エラーのリスクを軽減します。
  • 「Salesforceのデータに聞く」機能:Tableau CRM ユーザーは、自然言語とセマンティック検索を使用して Tableau CRM で質問できます。ビジネスのコンテキストに合わせて、洞察、即座に生成されたレポート、推奨ダッシュボードの形式で回答を直ちに得ることができます。「Salesforceのデータに聞く」機能は Salesforce データとユーザーから直接自動的に学習するので、必要な管理者設定時間は最小限で済み、すべてのユーザーが意思決定にデータを使用できるようになります。
  • レポートの Einstein Discovery:Salesforce レポートのデータを迅速かつ徹底的に分析し、最も重要なインサイトを調査して特定し、理解しやすい図や説明文で表示します。これは、ユーザーがさらに分析できる関連した Einstein Discoveryストーリーに直接アクセスできるようにすることで、機械学習の障壁を軽減するのに役立ちます。

Tableau 最高製品責任者のFrancois Ajenstatは、次のように述べています。
「データドリブンの組織を期待するビジネスリーダーと、データを使用して意思決定を行うのに慣れていない従業員との間には、ますます食い違いが生じています。真のデータファースト組織を構築するには、できるだけ多くの人に対してデータのパワーを解放する必要があります。AIを活用した分析は、より多くの人々がデータを使用して質問に答え、有意義な意思決定を行い、最終的にはビジネス変革に役立ちます」

拡張分析を通じて、Tableau は、他の方法では見たり発見したりできない洞察を得られるよう人々を導くことで、データスキルのギャップという課題に取り組みます。

シーメンスのデータ アナリスト & ビジュアライゼーション チームリーダー であるIlya Kovalenko氏は、次のように述べています。
「『データに聞く』は、上級アナリストと一般的なビジネス ユーザーとのギャップを埋める新しい扉を開き、誰もがデータに接続し探索することができます。Tableau の最新かつ高速な自然言語処理テクノロジーを活用することで、当社の同僚は、これまで以上に迅速に洞察を得ることができます。『データの説明を見る』を使用すると、データの傾向を確認できるだけでなく、何がそれを導いているかを簡単に特定して理解できます」

新しく拡張された 「データに聞く」 と「データの説明を見る」の新機能は、まもなく Tableau 2021.2 で利用できるようになります。レポート用の Einstein Discoveryは、Salesforce Summer ''21 リリースで利用可能になりました。Ask Data for Salesforce は今年後半に利用可能になります。

Tableau 2021.2 の追加の新機能は次のとおりです。

  • コレクション:コンテンツをキュレーションして、組織全体のコラボレーションとエンゲージメントを簡素化します。ユーザーは、サイト全体からコンテンツ (ワークブック、データ ソースなど) を簡単に追加し、カスタム ギャラリー レイアウトを作成して他のユーザーと共有できます。
  • 容易になったSalesforce データの接続:組織および管理者が、Salesforce データの探索を高速化する関連データソースとワークブックを Tableau Online サイトに事前に設定することで、Salesforce を使用して従業員を Tableau にオンボードできるようにします。
  • Web オーサリング用の接続デスクトップ:作成者は、Web オーサリングから Tableau Desktop にシームレスに移行し、作成ワークフローを改善します。
  • Tableau Prep から Google BigQueryへの書き込み:クリーニング、準備されたデータをGoogle BigQueryに追加または既存データを更新できます。
  • コンテナ:お客様は Tableau Server を単一のコンテナで稼働できるため、導入をより簡単、迅速、効率的に行うことができます。2021.2 では、Tableau は Linux 用の Kubernetes と Docker コンテナをサポートします。
  • カナダの新しい Tableau Online Pod:カナダのお客様に安定性とパフォーマンスを向上させたサービスを提供します。
  • エリア空間計算:アナリストは、マップ上の選択範囲の平方面積を測定し、空間結合の能力を増幅できます。
  • Tableau 向けAmazon SageMaker:セルフサービス分析を介して、機械学習 (ML) を誰とでも通信および共有するためのユニークな機会を提供します。数回のクリックで、ユーザーはSageMakerに構築された ML モデルをTableau ダッシュボード内に直接実装できます。

Tableau の拡張分析機能の詳細については、https://www.tableau.com/ja-jp/solutions/ai-analytics/augmented-analyticsを参照してください。

*1 Tableau 後援のIDC「Thought Leadership」ホワイトペーパー「データカルチャーがデータドリブン組織におけるビジネス価値を高める方法」、Doc. #US47605621、2021年5月


Tableau(Salesforceグループ)について
Tableau はお客様がデータを見て理解できるように支援します。Tableauは、グローバルのリーディング分析プラットフォームとして、強力なAI、データ管理、コラボレーションを備えたビジュアル分析を提供します。Tableauの高度な分析は、個人からあらゆる規模の組織に至るまで世界中のお客様に利用されており、影響力のあるデータドリブンな意思決定をサポートしています。詳細につきましては、www.tableau.com/ja-jpを参照してください。

Salesforceについて
グローバルCRMリーダーであるSalesforceは、あらゆる規模および業界の企業がデジタル的に変革し、顧客の360°ビューを作成することを可能にします。Salesforce (NYSE: CRM) の詳細については https://www.salesforce.com/jp/ を参照してください。

【報道関係からのお問合せ先】
Tableau 広報代理
アリソン・アンド・パートナーズ株式会社 担当:水本・山本
E-mail: Tableau_pr_japan@allisonpr.com



■Tableau Japanのプレスリリース一覧


2021-09-14 12:00:00 Tableau Japan
Tableauが新たなイノベーションとエンタープライズ・サブスクリプション・プランの提供を開始し組織全体のデータ分析を強化
エンドツーエンドのソリューションにより、セルフサービス分析の購入、拡張、ガバナンス管理、およびデプロイが容易に

2021-07-14 11:00:00 Tableau Japan
バーチャルイベントTableau Live Japan でデータによるビジネス変革の事例を多数紹介
~Tableauでデータカルチャーを組織全体に広げ、より早くスマートな意思決定を実現~

2021-07-05 00:00:00 Tableau Japan
Tableau がパートナー ネットワークを再設計し、お客様のDX加速を支援
パートナーの注力分野と機能の透明性を高める

2021-06-30 00:00:00 Tableau Japan
Tableau は拡張分析を強化し、AI のパワーを全ての人に提供
Tableauと Salesforce の最新製品リリースの機能でさらに多くのユーザーがデータを見て理解できるように

2021-04-27 11:00:00 Tableau Japan
Tableau ビジネスサイエンスでビジネスピープルに強力なデータサイエンス能力を提供
Tableau 2021.1は、AI生成の予測、インサイト、自動化された説明を提供し、データサイエンスの民主化を支援

2021-01-20 11:00:00 Tableau Japan
コロナ禍に日本のデータドリブン組織の75%がデータ利活用で必要不可欠な利点を得ているとの調査結果
データを戦略的資産として利活用している組織は将来の事業の健全性により楽観的である

2020-12-16 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2020.4 がブラウザベースの Tableau Prep でデータ準備をシンプルに
Prep Builder のブラウザ対応で企業やクラウドでの導入がシンプルになったほか、Linux 用 Resource Monitoring Tool、強化された空間分析機能などが登場

2020-11-26 11:00:00 Tableau Japan
バーチャルイベントTableau Live Japan にデータコミュニティから4,000名以上が登録
新しいデータの時代のデータ活用の最新イノベーションを披露

2020-10-07 11:00:00 Tableau Japan
TableauとEinstein Analyticsが統合し、分析の普及を促進
TableauにEinstein Discoveryを新たに統合して、AIを活用した洞察をあらゆる人に

2020-08-31 11:00:00 Tableau Japan
大正大学・Tableau・Excellenceがデータサイエンス教育で産学連携
~文系大学で初めて学生・教員・職員にTableauを導入し、授業・研究活動・大学運営に活用~

2020-08-28 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2020.3 の新機能:外部データベースへの書き込み、管理ツールの強化
新たな機能により、厳格なデータガバナンスを維持しながら、データ準備の強化、データソース接続の拡張、スケーラビリティの向上を実現

2020-06-02 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2020.2が強力なマルチソース分析用の新たなデータモデリングとKPI監視メトリクスを提供


2020-02-28 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2020.1が動的パラメーター、ビジュアライゼーションアニメーション、管理ツールなどコミュニティから生まれた新機能を提供
新機能でデータをこれまで以上に活用できるように

2020-01-07 11:00:00 Tableau Japan
2020年は「データの時代」を生き抜くための「データカルチャー」を築く年へ


2019-11-28 11:00:00 Tableau Japan
アジア太平洋地域でData Readiness Index(データ対応力指標)の高い先行レベルの企業は遅滞レベルの企業より9割高いビジネスパフォーマンスを達成
日本はアジアで第3位、発展途上レベルの組織の比率が最も高い

2019-11-14 11:00:00 Tableau Japan
Tableauの12回目の年次カスタマーカンファレンスに世界最大規模となるデータマニアのコミュニティが集結
組織全体でデータカルチャーの構築に役立つTableau Blueprintを発表

2019-11-14 11:00:00 Tableau Japan
Tableauが過去最大規模のグローバルパートナーサミットでTableau Partner Networkを発表
パートナーはカスタマイズされたパートナートラック、リソース、インセンティブにより顧客のデータジャーニーの全ての段階で価値の提供が可能に

2019-09-27 11:00:00 Tableau Japan
Tableau が新しい Tableau Catalog でデータ管理機能を強化 新しい Server Management Add-on の提供を開始
Tableau 2019.3 リリースでは、エンタープライズ全体でより簡単に Tableau 導入環境を管理および拡張することが可能に

2019-09-27 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 最新リリースの「データの説明を見る」機能で AI による分析を拡張
Tableau 2019.3 では、データに関するインサイトが自動的に Tableau プラットフォームに表示

2019-08-26 11:00:00 Tableau Japan
九州工業大学とTableauがデータサイエンス教育で協力
新入生向けノートPCにTableauを搭載、大学院に新設したデータサイエンスコースでも採用

2019-05-23 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2019.2 で位置データをより鮮明かつスムーズにマッピングする新機能がリリース
最新リリースで業界最高水準の地理空間分析機能と新しい作成機能が登場し、一層パワフルで柔軟な分析が可能に

2019-02-14 11:00:00 Tableau Japan
自然言語処理によるデータ分析機能を搭載したTableau最新バージョン2019.1を発売
データに関する質問が簡単に、データ分析の民主化を加速

2018-12-11 11:00:00 Tableau Japan
三菱重工航空エンジンがTableauを採用し、データドリブンを推進
サブスクリプションライセンスの活用で全社的にデータの「見える化」を拡大し、業務効率と品質を向上

2018-10-25 11:00:00 Tableau Japan
Tableau がイノベーションロードマップを Tableau Conference で公開 自然言語を通じたデータ対話の新手法を発表
プラットフォーム機能の拡張により、企業のデータ管理とより多くの人によるデータ利用が可能に

2018-08-07 11:00:00 Tableau Japan
Tableau 2018.2 で新リリースの拡張 API を使って開発者による機能拡張がさらに可能に
Tableau Server の管理をさらに柔軟にする Tableau サービスマネージャーと地理空間分析の可能性を広げる空間データの結合が新登場