運営会社

報道関係各位
2020年11月06日
ラムリサーチ株式会社

ラムリサーチ、2020年サプライヤーエクセレンスアワードを発表

ラムリサーチ(Lam Research Corp., Nasdaq: LRCX、本社:米国カリフォルニア州フリーモント)は11月2日(現地時間)に、2020年を通じて、パフォーマンス基準を超えて取り組んだ特に優れたサプライヤー6社に、サプライヤーエクセレンスアワードを授与しました。
このアワードは、「優秀賞」、「生産能力の強化」、「企業の社会的責任」、および「迅速なプロトタイプ製造における卓越性」の4つのカテゴリーにおける業績を評価するものです。

受賞企業は、ラムリサーチの2020年バーチャルサプライヤーイベント(10月28日と30日開催)で発表されました。 「レジリエンシー:俊敏性と柔軟性」をテーマに開催されたこのイベントにはラムリサーチのトップサプライヤーがオンラインで集結し、パートナーシップを強化し、サプライチェーンの継続的な改善について意見を交わしました。

「優秀賞」
*株式会社フェローテックホールディングス(日本)

「生産能力の強化」
* ブルックス・オートメーション社 (米国)
* インテグリス社 (米国)
* バイパー・ノースウェスト社 (米国)

「企業の社会的責任」
* セレスティカ社(カナダ)

「迅速なプロトタイプ製造における卓越性」
* ラピッド・プレシジョン・マニュファクチュアリング社 (米国)

ラムリサーチの社長兼最高経営責任者のティム・アーチャー(Tim Archer)は次のように述べています。
「半導体技術におけるお客様のビジネスに貢献するクラス最高の製品を提供するには、ビジネスの変化に対応できるレジリエントなサプライチェーンが求められます。ラムリサーチの成功には当社のトップサプライヤーが不可欠です。2020年サプライヤーエクセレンスアワード受賞企業の皆様、おめでとうございます」


ラムリサーチについて
Lam Research Corporationは、半導体業界に革新的な半導体製造装置とサービスを提供するグローバルサプライヤーです。 世界をリードする半導体企業の信頼されるパートナーとして、優れたシステムエンジニアリング能力、技術的リーダーシップ、顧客企業の成功に貢献するという揺るぎないコミットメントを組み合わせ、より優れたデバイスパフォーマンスの実現を通じ、革新を推進します。
実際、現在製造されている高度なチップのほとんどが、ラムリサーチの技術を活用しています。ラムリサーチ(Nasdaq:LRCX)は、カリフォルニア州フリーモントに本社を置くFORTUNE 500(r)企業で、世界中に事業を展開しています。詳細については公式サイトをご参照ください。

https://www.lamresearch.com/ja/


■ラムリサーチのプレスリリース一覧


2020-11-06 11:00:00 ラムリサーチ
ラムリサーチ、2020年サプライヤーエクセレンスアワードを発表


2020-10-30 11:00:00 ラムリサーチ
役員人事


2020-09-24 11:00:00 ラムリサーチ
ラムリサーチ、高度な誘電体ギャップフィル技術を導入するプラットフォーム、「Striker® FE」を発表
~継続的な微細化を可能にし、次世代メモリを実現~