運営会社

報道関係各位
2023年04月26日
CRITEO株式会社

Criteo、アフターコロナにおける世界の旅行トレンドに関する調査レポートを発表「Criteo グローバル トラベル トレンド 2023春 」

~オンライン予約や消費者マインドに関する調査~

コマースメディアを展開するCriteo(クリテオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、APAC、ヨーロッパ、アメリカ地域において1万人以上を対象に、世界の旅行トレンドに関する調査を実施し、その結果をまとめたレポート「Criteo グローバル トラベル トレンド 2023春」を発表しました。調査の結果、感染症拡大の影響で大きなダメージを受け、観光需要の回復に遅れをみせていたAPAC地域でのV字回復が明らかになりました。

■主な調査結果
旅する日常の回復
- 全世界における、全旅行カテゴリーの予約件数の合計は、2023年1月も引き続き好調を維持
- EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)およびAMERICAS(南北アメリカ)地域は、パンデミック直前の20年1月水準まで、ほぼ回復
- APAC(アジア太平洋)地域は2年以上続いた移動制限が解除され、パンデミック中であった2020年の40ポイントから2023年には141ポイントと歴史的な伸びを記録

1月の旅行予約状況の推移(グローバル)
– 全旅行カテゴリーの合計 
(2019年1月を100として指数化)

出典:Criteo データ(2019年以降のオンライン予約の経年調査が可能な旅行関連企業のデータより) - 2019年1月(パンデミック前の基準値)を100として、以降各年1月の水準を指数化

海外旅行予約の伸びが顕著なAPAC
APACの主要地域における1月の航空券予約状況の内訳では、国際線に分類される航空券の割合が大幅に増加
出典:Criteoのデータ(フライトデータは、両年とも一貫したデータを持つAPAC航空旅行パートナーの同じセットで、2022年と2023年の両方で、1月25日から31日の予約データより算出)
東南アジア: パキスタン、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、シンガポール / 太平洋地域:オーストラリア、ニュージーランド

環境に配慮した旅行
- サステイナブルな旅行を重視する欧米の旅行者と比較するとAPACの旅行者は環境に配慮した旅行への関心は低い
- “「低排出ガス」などでフィルタリングし、持続可能な旅を予約することを重視している”と回答した日本の旅行者は21%で、“旅行中の二酸化炭素排出量を少なくしたいと考えている”と回答したのは33%だった
出典:Criteo調査– 消費者の旅行嗜好(調査期間:2023年2月13日〜23日、対象:グローバル N=10,738)

オンライン旅行予約が、前年比成長率でサプライヤー*1を上回る
- 1月の世界全体の予約状況は、前年同月比で、 OTA*2がサプライヤーの予約件数を大きく上回る
- 予約をする際、旅行者はオンラインの旅行予約サイトやポータルを好んで利用
- 日本では、オンライン予約が昨年比で、OTAが約3.4倍、サプライヤーが約2.2倍に増加
*1ホテル、航空機、車両を所有・運営する旅行サービスの提供者, *2オンラインのみで営業する旅行代理店

1月の旅行予約状況の推移(グローバル)
– 全旅行カテゴリーの合計
(2019年1月を100として指数化)
出典:2019年1月(パンデミック前の基準値)と比較した1月の旅行予約の指数化。2019年以降、オンライン予約の経年調査が可能な旅行事業者と同じデータセット。

旅行関連の予約には、モバイルの方が好まれる傾向
航空券はモバイルからの予約が2022年1月と2023年1月の間に51%から60%へと9ポイント増加
デバイス別、1月の旅行関連予約(APAC)
出典:Criteo データ(2022年、2023年中の1月の予約状況を比較。アプリは除く。APAC)

検索から予約するまでの時間 - ホテル&リゾート(APAC)
- ホテル&リゾートの最初の検索から予約完了までにかかる平均時間は、デスクトップの方が、モバイルよりも約3日短い
-予約にかかった時間が短かった上位25%の旅行者だけを見ると、デスクトップよりもモバイルで予約した人の方が短時間で予約するまでに至っている
- 日本では、旅行者がデスクトップでの検索から予約までに要した時間は平均14.6日、モバイルでは平均17.9日と、APACの旅行者の中でも予約までにより時間をかける傾向
出典: Criteoのデータ(2022年4月24日~30日の予約状況。新規訪問者については、最初のアイテムページ閲覧から予約アクション完了までの時間を計測し、予約が完了した訪問者については、2/1/22~4/30を閲覧期間とする。対象:航空券販売を取り扱う企業)


■Criteo (クリテオ) について■
Criteo S.A.(NASDAQ: CRTO)は、より良いコマースの成果をマーケターやメディアオーナーに提供するグローバルコマースメディア企業です。業界をリードするコマースメディア・プラットフォームは、22,000人以上のマーケターと数千以上のメディアオーナーを連携させ、商品との出会いから購入までのより豊かな体験を買い物客にもたらします。信頼性に高いインパクトのある広告を提供することで、Criteoは、新たな発見、イノベーションの実現、より豊かな選択を可能にするオープンインターネットを支えています。 ※CRITEO株式会社はその日本法人です。www.criteo.com/jp/



■CRITEOのプレスリリース一覧


2024-02-01 00:00:00 CRITEO
Criteo、高度にパーソナライズされたメッセージ配信を可能にするソリューション“レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント”を正式ローンチ
新たなLINEテクノロジーパートナーに、ソウルドアウトとミロゴスが加わり、LINE公式アカウントを通じた企業・ブランドのマーケティングキャンペーン戦略を強化

2024-01-17 00:00:00 CRITEO
Criteo、リテールメディア業界のイノベーターであるメラニー・ジマーマンをグローバルリテールメディア部門責任者に任命
また、米州リテールメディア部門責任者としてスティーブン・ハワード=サリンを迎え、リテールメディア人材層を拡大

2023-11-28 00:00:00 CRITEO
Criteo、「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用とその影響に関する意識調査」を発表
約6割強がサードパーティークッキーの廃止後の対応に困惑、そのうち9割が廃止後のAI活用が重要と解答

2023-05-31 11:00:00 CRITEO
Criteo、高度にパーソナライズされたメッセージの配信を可能にするソリューション“レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント”ベータ版を発表
DAC、電通デジタル、Micoworksそれぞれと協業し、企業・ブランドの販促コミュニケーションをよりパーソナライズすることで、コンバージョンや売上を改善

2023-05-11 11:00:00 CRITEO
Criteo、デジタル広告を変革するアプローチ、“コマースメディア”における注目のトレンドレポートを発表


2023-04-26 11:00:00 CRITEO
Criteo、アフターコロナにおける世界の旅行トレンドに関する調査レポートを発表「Criteo グローバル トラベル トレンド 2023春 」
~オンライン予約や消費者マインドに関する調査~

2023-04-19 00:00:00 CRITEO
Criteo、「Criteoリテールメディア」をサンドラッグへ導入


2023-03-22 11:00:00 CRITEO
Criteo、LINE公式アカウントでのレコメンデーション・メッセージ機能の開発に向け DAC、電通デジタル、Micoworksと実証実験の実施で合意
よりパーソナライズされた販促コミュニケーションの強化を実現へ

2023-03-08 11:00:00 CRITEO
Criteo、オフライン・リテールメディアの加速に向け 広告配信プラットフォームBrandcrushを買収
包括的なオムニチャネル・メディアプランニングおよびアクティベーション・プラットフォームを構築

2023-02-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、インフレによって変化する買い物客の最新動向を発表
~「賢い買い物客」に関する注目すべき5つのトレンド~

2023-01-17 11:00:00 CRITEO
Criteo、楽天「RMP - Display Ads」との広告配信における連携を発表


2022-11-22 11:00:00 CRITEO
Criteo、「Criteoリセラープログラム」におけるアッパーファネル向け機能拡張を発表
マーケットプレイス型プラットフォーム事業者の収益性の向上と、各セラーの新規ユーザーの集客や購買を強化

2022-05-24 11:00:00 CRITEO
Criteo、フルファネルマーケティングを強化する「Criteo 動画広告」を提供開始
世界最大級のリーチを誇るコマースデータセット「Criteoショッパーグラフ」をもとに、ブランド広告主の認知拡大キャンペーンをサポート

2022-04-21 11:00:00 CRITEO
Criteo、コマースメディア最新動向調査レポートを発表
サイロ化したデジタル・マーケティングから脱却するテクノロジーへの投資が必須

2022-03-17 11:00:00 CRITEO
Criteo、進化し続ける消費者のショッピング動向に関する調査レポート「ショッパーストーリー2022」を発表
消費者のショッピングジャーニーは、ますますハイブリッド化

2022-03-01 11:00:00 CRITEO
「Criteoリテールメディア」が、「au PAY マーケット」に国内初導入


2022-02-01 11:00:00 CRITEO
Criteo、「JICDAQ認証」を取得
「JICDAQ品質認証事業者」として登録

2021-12-10 11:00:00 CRITEO
Criteo、アドテクのプラットフォームで市場をリードするIPONWEB社の買収に向けた独占交渉に入ったことを発表
* ポストサードパーティクッキーおよびポスト広告IDの世界においてもリーディングカンパニーとして業界を牽引

2021-12-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、動画とコネクテッドTVに関する調査レポートを発表
日本で最も好まれる広告フォーマットは動画

2021-10-21 16:00:00 CRITEO
Criteo、クッキーレス環境下での広告のパーソナライズを可能にする、「Criteoコンテクスチュアル広告」のベータ版の提供を開始


2021-07-28 07:00:00 CRITEO
Criteo、アジア太平洋地域向けのリテールメディアソリューションの提供を拡大
APACリテールメディア担当マネージングディレクターに就任した藤中太郎がリテールメディアエコシステムを推進

2021-06-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、グリーンエネルギーを使用した新しいデータセンターを東京に開設
日本の広告主とパブリッシャーに、より効果的な広告配信提供のため設備を改善・強化

2021-06-04 11:00:00 CRITEO
Criteo、リブランディングによる新しいブランドアイデンティティを発表
新しいロゴとタグライン「The Future is Wide Open」と共に、大きく開かれた広告の未来へと新たな章をスタート

2021-05-20 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における旅行トレンドに関する調査レポートを発表
・年内は国内旅行が継続傾向

2021-02-17 10:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における国内企業マーケティング最新動向調査レポートを発表
*50%が既存顧客維持のためマーケティング部門の重要性が高まったと回答

2020-12-01 11:00:00 CRITEO
Criteo、Oracle Data Cloud との連携でブランドセーフティ強化を発表
最優先事項であるブランドセーフティ機能を強化し、より良いコントロールをマーケターに提供

2020-11-12 11:00:00 CRITEO
Criteo、Unified ID開発取り組みへの参加を発表
The Trade Deskと協働し、オープンソースであるUnified ID 2.0の共同開発に参画

2020-09-24 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表
口コミとターゲティング広告がモバイルアプリのインストールを促進

2020-05-16 11:00:00 CRITEO
Criteo、ニールセンのデジタル広告効果測定ソリューションの導入を発表
リーチした消費者を属性別に測定可能にし、パフォーマンスキャンペーンのブランドリフト効果をより分かりやすく

2020-05-12 12:00:00 CRITEO
Criteoの検討層向けソリューション、Yahoo! JAPANに配信開始
新製品のWeb ConsiderationやCriteo アプリインストールをはじめコンバージョン前の顧客獲得を促進するCriteoソリューションでYahoo! JAPANへの配信が可能に