運営会社

報道関係各位
2021年06月04日
CRITEO

Criteo、リブランディングによる新しいブランドアイデンティティを発表

新しいロゴとタグライン「The Future is Wide Open」と共に、大きく開かれた広告の未来へと新たな章をスタート

世界最先端のコマースメディアプラットフォームを提供するグローバルなテクノロジー企業であるCriteo S.A. (NASDAQ: CRTO)は、 リブランティングによってブランドアイデンティティを刷新したことを発表しました。
変革を遂げる新しいCriteoを象徴するロゴ、そしてタグライン「The Future is Wide Open」と共に、Criteoは新たな章をスタートします。

この度のリブランディングは、Criteoの「新たな商品との出会い、イノベーションの実現、より豊富な選択肢を可能にする、公正でオープンなインターネットを支持し、すべての人により良い体験を提供する」というコミットメントをより確かなものにします。また、Criteoがクッキーレス時代が到来する広告業界の今後に備えて、活用できる膨大な機会があるということを改めて印象づけるものでもあります。

CriteoのCEOであるメーガン・クラーケン(Megan Clarken)は次のように述べています。「公正でオープンなインターネットを支持し、その未来にすべての人が明るい期待を持てるように、膨大なデータという強みを活かして広告業界をリードする当社の役割、そしてポジショニングを再確立すべく、今が絶好のタイミングだと考え、リブランディングを実施しました」

新しいロゴは、従来のロゴの上部でつながっていた2つのドットを、ロゴの中央に配置しています。これは世界最先端のコマースメディアプラットフォームを提供するCriteoが、お客様と、お客様の商品・サービスを利用する消費者を、当社の製品戦略の中心に据えていることを表しています。

また新たなロゴは、Criteoがオーディエンスを「発見」し「オープンに受け入れていく」ことも表すために、フォントの空間を生かしたドットのデザインで表現しています。
より力強くなったフォントは、これまで築き上げてきた実績と、これから進化して加わっていく企業としての力を合わせたイメージを体現しています。
これらのデザインは当社のマーケティング部門が、ブランドポジショニングのコンサルティングを依頼したTechnology, Humans and Taste社 (THAT社)と共同で考案しました。

Criteoの最高プロダクト責任者であるトッド・パーソンズ(Todd Parsons)は次のように述べています。
「The Future is Wide Openとは、オープンなインターネット上ですべての消費者の体験をより良いものにするCriteoのユニークで膨大なデータセットの可能性について示唆しています。もはやクッキーは過去のものになるかもしれませんが、それは当社の製品戦略を進化させ、お客様と消費者により良い価値をご提供するための絶好の機会だと捉えています」

Criteoのアジア太平洋地域のマネージングディレクターであるケネス・パオ(Kenneth Pao)は次のように述べています。
「43億もの人口を抱え*1、GDPの65%がデジタル化されており、さらに2022年までに1.2兆ドルもの消費が見込まれているここアジア太平洋地域*2において、まさに未来は大きく開かれたものであり、Criteoのリブランドは意義あるものだと確信しています。この度のリブランディングを新たな契機に、私たちは今後も当社の製品やソリューションをこの多様なマーケットに合わせて革新させ続けます」

この度のリブランディングは、Criteoの投資家向けの公開イベントにて発表されたものです*3。詳しくはこちらのリンクからご覧ください。

イベントのハイライト

  • Criteo経営幹部によるプレゼンテーション:当社の経営幹部が戦略、市場機会、ポジショニング、広告業界の未来や、当社のプロダクトロードマップなどについて説明。
  • コマースメディアプラットフォーム戦略のご紹介:当社の製品群、データセット、テクノロジーについて最新情報を説明。
  • パートナーパネル:当社のパートナー企業をパネルにお招きし、コマースメディアにおける市場機会やCriteoのソリューションについて議論。

*1 出典
https://asiapacific.unfpa.org/en/node/15207
*2 出典
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prAP46972820
*3 米国東部標準時間6月3日開催


■Criteo (クリテオ) について■
Criteo(NASDAQ:CRTO)は、世界最先端のコマースメディアプラットフォームを提供するグローバルなテクノロジー企業です。
世界20,000社以上の広告主、数千のパブリッシャーと連携して得られる膨大なデータを機械学習を用いて精密に分析することで、全ての広告チャネルを通じた効率的な広告配信を実現します。
Criteoはテクノロジーを通じて、あらゆる規模の広告主に対し、ユーザーが本当に求めているものに出会える仕組みを提供します。
※CRITEO株式会社はその日本法人です。www.criteo.com/jp/



■CRITEOのプレスリリース一覧


2021-10-21 16:00:00 CRITEO
Criteo、クッキーレス環境下での広告のパーソナライズを可能にする、「Criteoコンテクスチュアル広告」のベータ版の提供を開始


2021-07-28 07:00:00 CRITEO
Criteo、アジア太平洋地域向けのリテールメディアソリューションの提供を拡大
APACリテールメディア担当マネージングディレクターに就任した藤中太郎がリテールメディアエコシステムを推進

2021-06-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、グリーンエネルギーを使用した新しいデータセンターを東京に開設
日本の広告主とパブリッシャーに、より効果的な広告配信提供のため設備を改善・強化

2021-06-04 11:00:00 CRITEO
Criteo、リブランディングによる新しいブランドアイデンティティを発表
新しいロゴとタグライン「The Future is Wide Open」と共に、大きく開かれた広告の未来へと新たな章をスタート

2021-05-20 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における旅行トレンドに関する調査レポートを発表
・年内は国内旅行が継続傾向

2021-02-17 10:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における国内企業マーケティング最新動向調査レポートを発表
*50%が既存顧客維持のためマーケティング部門の重要性が高まったと回答

2020-12-01 11:00:00 CRITEO
Criteo、Oracle Data Cloud との連携でブランドセーフティ強化を発表
最優先事項であるブランドセーフティ機能を強化し、より良いコントロールをマーケターに提供

2020-11-12 11:00:00 CRITEO
Criteo、Unified ID開発取り組みへの参加を発表
The Trade Deskと協働し、オープンソースであるUnified ID 2.0の共同開発に参画

2020-09-24 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表
口コミとターゲティング広告がモバイルアプリのインストールを促進

2020-05-16 11:00:00 CRITEO
Criteo、ニールセンのデジタル広告効果測定ソリューションの導入を発表
リーチした消費者を属性別に測定可能にし、パフォーマンスキャンペーンのブランドリフト効果をより分かりやすく

2020-05-12 12:00:00 CRITEO
Criteoの検討層向けソリューション、Yahoo! JAPANに配信開始
新製品のWeb ConsiderationやCriteo アプリインストールをはじめコンバージョン前の顧客獲得を促進するCriteoソリューションでYahoo! JAPANへの配信が可能に