運営会社

報道関係各位
2021年05月20日
CRITEO

Criteo、コロナ禍における旅行トレンドに関する調査レポートを発表

・年内は国内旅行が継続傾向
・宿泊施設は“ホテル”が一強であるものの、“キャンプ”も台頭
・日本の旅行目的は”息抜き(リラクゼーション)”が最多


世界のマーケターへ信頼と効果の高い広告展開を提供するグローバルテクノロジーカンパニー、Criteo(クリテオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が世界中に拡大してから1年経過した今、世界の旅行トレンドに関する調査を行い、その結果をまとめたレポートを発表しました。本調査は、日本、米国、フランス、イタリア、英国を含む9か国において1万人以上を対象に実施しました*。その結果、海外旅行は依然低迷した状況にあるものの、感染拡大初期と比較し、ホテルの一滞在あたりの宿泊日数や民泊などの予約数は増加傾向にあり、二ューノーマル時代において旅行に対する消費者マインドにも変化があることが明らかになりました。

主な調査結果

  • ワクチン接種やワクチンパスポートの導入に関わらず、年内は国内旅行が継続傾向
    グローバルでは、本調査の回答者の約7割が、また、日本の回答者の約9割がCOVID-19を懸念し、今後12か月は国内での旅行を計画する予定と回答しています。
  • 宿泊施設は“ホテル”が一強であるものの、“キャンプ”も台頭
    今後の宿泊施設として、グローバルでは約6割が“ホテル”を選択しているなかで、日本は約9割が“ホテル”と回答しつつ、COVID-19の影響から野外で風通しがよく飛沫感染を予防しやすい“キャンプ”といった回答(日本13%)も見られました。
  • 日本の旅行目的は“息抜き(リラクゼーション)”が最多
    グローバルでは、回答者の約6割が旅行の目的は、“家族や友人への訪問”とした一方で、日本は“息抜き(リラクゼーション)”との回答が62%と一番多く、次に“家族や友達にあう”や“文化体験”(ともに41%)が続きました。また、COVID-19の影響で働き方の選択が広がり、ワーケーションが世間では注目されているものの、“リモートワーク”を旅行の第一の目的としている割合は7%と、グローバル(9%)と比較しても低いことがわかりました。
  • 今後の日本の旅行の移動手段は“飛行機”ではなく“自家用車”
    グローバルでは今後の旅行手段として最も多かったのは “飛行機” (47%)で、半数近くに及びました。一方、日本では最も多かったのは“自家用車”で48%(グローバル44%)、次に“電車”が43%(グローバル24%)という結果で、世界との違いが明らかになりました。
  • 旅行予約はアプリ利用がグローバルで増加傾向
    2020年は全世界で旅行者数が減少したものの、2021年1月~3月の旅行予約時のアプリ利用は前年同期比と比較して特にAPACでは増加し、デスクトップ利用は減少しています。

調査レポートの詳細は下記からご覧いただけます。
オンライン予約をする可能性のある目的地は何ですか(例:フライト、ホテル・宿泊など)?
次回の旅行ではどこに宿泊を考えていますか?
次の旅行では何を目的としていますか?
旅行予約サイトタイプ別 1月-3月 2021 vs 2020

旅行予約を増やす3つのポイント
1.全額払い戻しの予約プランを提供
回答者の約6割が、払い戻し可能な航空券であれば予約する可能性がより高いと回答しており、国内外旅行においても旅行者の不安要素を減らすことが求められています。
2.ソーシャルディスタンスと衛生管理の措置は必須条件
「ソーシャルディスタンスの確保」、「様々な医療機関へのアクセス」、「衛生管理」の3つが、旅行する際に重要なポイントとしてあげられており、日本はすべてのポイントでグローバル平均より高い数値結果となり、旅行者が重視していることが明らかになりました。

旅行において、次のどのポイントがより重要になったと感じますか?
- グローバル日本
ソーシャルディスタンスの確保79%83%
様々な医療機関へのアクセス76%77%
衛生管理81%82%

3.モバイルウェブサイトとアプリ体験の最適化
リモートワークの実施が増加しているにも関わらず、旅行予約をするデバイスはデスクトップだけではなく、モバイルウェブサイトやアプリからのアクセスも多いため、これらコンテンツのアプリへの最適化も重要であることがわかりました。

*「旅行トレンド調査レポート」について
調査期間: 2021年1月~2021年4月
調査対象: 日本、オーストラリア、フランス、ドイツ、イタリア、韓国、スペイン、英国、米国の計9か国の男女合計11,161人の回答者(うち、日本の回答者数は1200)


■Criteo (クリテオ) について■
Criteo(NASDAQ:CRTO)は、世界のマーケターへ信頼と効果の高い広告展開を提供するグローバルテクノロジーカンパニーです。世界20,000社以上の広告主、数千のパブリッシャーと連携して得られる膨大なデータを機械学習を用いて精密に分析することで、全ての広告チャネルを通じた効率的な広告配信を実現します。
Criteoはテクノロジーを通じて、あらゆる規模の広告主に対し、ユーザーが本当に求めているものに出会える仕組みを提供します。
※CRITEO株式会社はその日本法人です。www.criteo.com/jp/

本プレスリリースは、メディア、コンサルティング、およびその他のアドバイスやサービスへ提供する情報ではありません。また、マーケティングや、ビジネス、その他の判断を行う際に依拠することはできず、 専門家への相談に代わるものでもありません。Criteoは、本プレスリリースに記載されているアドバイス、意見、記述、もしくはその他の情報の正確性または信頼性を表明または承認するものではなく、 本プレスリリースに記載された情報の利用は、すべて利用者による単独の責任およびリスクにおいてなされることをご承知おきください。



■CRITEOのプレスリリース一覧


2021-10-21 16:00:00 CRITEO
Criteo、クッキーレス環境下での広告のパーソナライズを可能にする、「Criteoコンテクスチュアル広告」のベータ版の提供を開始


2021-07-28 07:00:00 CRITEO
Criteo、アジア太平洋地域向けのリテールメディアソリューションの提供を拡大
APACリテールメディア担当マネージングディレクターに就任した藤中太郎がリテールメディアエコシステムを推進

2021-06-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、グリーンエネルギーを使用した新しいデータセンターを東京に開設
日本の広告主とパブリッシャーに、より効果的な広告配信提供のため設備を改善・強化

2021-06-04 11:00:00 CRITEO
Criteo、リブランディングによる新しいブランドアイデンティティを発表
新しいロゴとタグライン「The Future is Wide Open」と共に、大きく開かれた広告の未来へと新たな章をスタート

2021-05-20 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における旅行トレンドに関する調査レポートを発表
・年内は国内旅行が継続傾向

2021-02-17 10:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における国内企業マーケティング最新動向調査レポートを発表
*50%が既存顧客維持のためマーケティング部門の重要性が高まったと回答

2020-12-01 11:00:00 CRITEO
Criteo、Oracle Data Cloud との連携でブランドセーフティ強化を発表
最優先事項であるブランドセーフティ機能を強化し、より良いコントロールをマーケターに提供

2020-11-12 11:00:00 CRITEO
Criteo、Unified ID開発取り組みへの参加を発表
The Trade Deskと協働し、オープンソースであるUnified ID 2.0の共同開発に参画

2020-09-24 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表
口コミとターゲティング広告がモバイルアプリのインストールを促進

2020-05-16 11:00:00 CRITEO
Criteo、ニールセンのデジタル広告効果測定ソリューションの導入を発表
リーチした消費者を属性別に測定可能にし、パフォーマンスキャンペーンのブランドリフト効果をより分かりやすく

2020-05-12 12:00:00 CRITEO
Criteoの検討層向けソリューション、Yahoo! JAPANに配信開始
新製品のWeb ConsiderationやCriteo アプリインストールをはじめコンバージョン前の顧客獲得を促進するCriteoソリューションでYahoo! JAPANへの配信が可能に