運営会社

報道関係各位
2024年01月17日
CRITEO株式会社

Criteo、リテールメディア業界のイノベーターであるメラニー・ジマーマンをグローバルリテールメディア部門責任者に任命

また、米州リテールメディア部門責任者としてスティーブン・ハワード=サリンを迎え、リテールメディア人材層を拡大

コマースメディアを展開するCriteo(NASDAQ: CRTO)は、メラニー・ジマーマン(Melanie Zimmermann)をグローバルリテールメディア部門の責任者に任命したことを発表しました。ジマーマンはグローバルリテールメディア部門ゼネラルマネージャーとして、クライアントの進化するニーズを的確に支援し、コマースメディアにおけるCriteoのリーディングカンパニーとしての地位を確実にするため、同社のリテールメディア事業のさらなる構築および拡大と世界的な販売戦略の策定を牽引していきます。

ジマーマンは、Criteo入社以前、アメリカの老舗百貨店メイシーズ(Macy''s)で同社のメディアネットワークの構築に尽力し成功をおさめました。このネットワークは、メイシーズとアメリカの老舗デパートブルーミングデールズ(Bloomingdale''s)の4,600万人以上の顧客にリーチし、オンラインおよび実店舗で4億4,000万件以上のトランザクションに影響を与えています。ジマーマンは、メイシーズのメディアネットワーク責任者兼バイスプレジデントとして、直近の役職で、戦略の立案と実行を担当し、メディア計画から販売、キャンペーン管理、分析に至るまで、すべてのリテールメディア業務を主導しました。

ジマーマンはCriteoのCRO(最高売上責任者)であるブライアン・グリーソンに直属し、Criteoのリテールメディア事業のグローバルなビジョンと戦略を推進し、地域間の連携強化を担うチームを率います。また、リテールメディアの製品戦略と優先順位付けにおいては極めて重要な役割として、商業的ニーズと製品開発を密接に結びつけます。

ジマーマンの採用は、2023年12月の、スティーブン・ハワード=サリン(Stephen Howard-Sarin’s)の米州リテールメディア部門マネージングディレクター任命に続くものです。直近ではインスタカートでリテールメディア担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めていたハワード=サリンは、eBay Adsやウォルマートコネクトで幹部職にあった十数年以上のリテールメディアでの経験をCriteoにもたらしています。ハワード=サリンは、米州担当エグゼクティブマネージングディレクターのシェリー・スミスの直属として、米州の広告主や小売業者に対するCriteoのリテールメディア事業展開の構築と成長を担当しています。

CriteoのCROであるブライアン・グリーソンは次のように述べています。
「当社は業界とともに進化を続けるなか、2名の主要な業界リーダーを迎えることで、リテールメディアの人材層を拡大できることを嬉しく思います。メラニーは、好業績のリテールメディア・ネットワークの構築と拡大において素晴らしい実績を持っています。彼女のイノベーションの最前線におけるメイシーズでの経験は、当社が新たな成長段階に向けたエコシステムの統合を支援する上で貴重な戦力となるでしょう。さらに、過去10年間リテールメディアチームを率いてきたスティーブンの多様な経験は、当社の事業拡大に貢献し、米州でのビジネスを変革し続けると確信しています」

マッキンゼーによると、コマースメディアは米国だけで1兆3,000億ドル以上の企業価値を生み出す可能性があり、プログラマティックの台頭以来見られなかった方法でデジタル広告業界を変革するものと位置づけられています。また、この分野の下位要素であるリテールメディアは、2026年までに1,000億ドルの広告費を生み出すものと予想されています。

ジマーマンは次のように述べています。
「全世界の小売業者に浸透し何千ものブランド広告主パートナーを擁するCriteoは、リテールメディアのパイオニアであるだけでなく、戦略的な成長分野を開拓し、小売業者、ブランド、広告代理店にとっての大きな価値を生み出すエコシステムを作り上げるソリューションを構築することで、独自の地位を常に進化させています。クライアント固有のニーズに応えるソリューションを開発し続け、リテールメディアによってクライアントが潜在能力を最大限に発揮できるよう支援する同社に入社できることを嬉しく思います」

ジマーマンは、欧州のベイン・アンド・カンパニーでコンサルティングのキャリアをスタートした後、2013年にメイシーズに入社し、過去10年にわたり企業戦略を含むさまざまなリーダー職を歴任しました。両氏の採用により、Criteoは業界に精通した幹部を拡充し、コマースメディアの未来をさらに切り開いていきます。


■Criteo (クリテオ) について■
Criteo S.A.(NASDAQ: CRTO)は、より良いコマースの成果をマーケターやメディアオーナーに提供するグローバルコマースメディア企業です。業界をリードするコマースメディア・プラットフォームは、数千以上のマーケターとメディアオーナーを連携させ、商品との出会いから購入までのより豊かな体験を買い物客にもたらします。信頼性が高いインパクトのある広告を提供することで、Criteoは、新たな発見、イノベーションの実現、より豊かな選択を可能にするオープンインターネットを支えています。 ※CRITEO株式会社はその日本法人です。www.criteo.com/jp/



■CRITEOのプレスリリース一覧


2024-02-01 00:00:00 CRITEO
Criteo、高度にパーソナライズされたメッセージ配信を可能にするソリューション“レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント”を正式ローンチ
新たなLINEテクノロジーパートナーに、ソウルドアウトとミロゴスが加わり、LINE公式アカウントを通じた企業・ブランドのマーケティングキャンペーン戦略を強化

2024-01-17 00:00:00 CRITEO
Criteo、リテールメディア業界のイノベーターであるメラニー・ジマーマンをグローバルリテールメディア部門責任者に任命
また、米州リテールメディア部門責任者としてスティーブン・ハワード=サリンを迎え、リテールメディア人材層を拡大

2023-11-28 00:00:00 CRITEO
Criteo、「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用とその影響に関する意識調査」を発表
約6割強がサードパーティークッキーの廃止後の対応に困惑、そのうち9割が廃止後のAI活用が重要と解答

2023-05-31 11:00:00 CRITEO
Criteo、高度にパーソナライズされたメッセージの配信を可能にするソリューション“レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント”ベータ版を発表
DAC、電通デジタル、Micoworksそれぞれと協業し、企業・ブランドの販促コミュニケーションをよりパーソナライズすることで、コンバージョンや売上を改善

2023-05-11 11:00:00 CRITEO
Criteo、デジタル広告を変革するアプローチ、“コマースメディア”における注目のトレンドレポートを発表


2023-04-26 11:00:00 CRITEO
Criteo、アフターコロナにおける世界の旅行トレンドに関する調査レポートを発表「Criteo グローバル トラベル トレンド 2023春 」
~オンライン予約や消費者マインドに関する調査~

2023-04-19 00:00:00 CRITEO
Criteo、「Criteoリテールメディア」をサンドラッグへ導入


2023-03-22 11:00:00 CRITEO
Criteo、LINE公式アカウントでのレコメンデーション・メッセージ機能の開発に向け DAC、電通デジタル、Micoworksと実証実験の実施で合意
よりパーソナライズされた販促コミュニケーションの強化を実現へ

2023-03-08 11:00:00 CRITEO
Criteo、オフライン・リテールメディアの加速に向け 広告配信プラットフォームBrandcrushを買収
包括的なオムニチャネル・メディアプランニングおよびアクティベーション・プラットフォームを構築

2023-02-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、インフレによって変化する買い物客の最新動向を発表
~「賢い買い物客」に関する注目すべき5つのトレンド~

2023-01-17 11:00:00 CRITEO
Criteo、楽天「RMP - Display Ads」との広告配信における連携を発表


2022-11-22 11:00:00 CRITEO
Criteo、「Criteoリセラープログラム」におけるアッパーファネル向け機能拡張を発表
マーケットプレイス型プラットフォーム事業者の収益性の向上と、各セラーの新規ユーザーの集客や購買を強化

2022-05-24 11:00:00 CRITEO
Criteo、フルファネルマーケティングを強化する「Criteo 動画広告」を提供開始
世界最大級のリーチを誇るコマースデータセット「Criteoショッパーグラフ」をもとに、ブランド広告主の認知拡大キャンペーンをサポート

2022-04-21 11:00:00 CRITEO
Criteo、コマースメディア最新動向調査レポートを発表
サイロ化したデジタル・マーケティングから脱却するテクノロジーへの投資が必須

2022-03-17 11:00:00 CRITEO
Criteo、進化し続ける消費者のショッピング動向に関する調査レポート「ショッパーストーリー2022」を発表
消費者のショッピングジャーニーは、ますますハイブリッド化

2022-03-01 11:00:00 CRITEO
「Criteoリテールメディア」が、「au PAY マーケット」に国内初導入


2022-02-01 11:00:00 CRITEO
Criteo、「JICDAQ認証」を取得
「JICDAQ品質認証事業者」として登録

2021-12-10 11:00:00 CRITEO
Criteo、アドテクのプラットフォームで市場をリードするIPONWEB社の買収に向けた独占交渉に入ったことを発表
* ポストサードパーティクッキーおよびポスト広告IDの世界においてもリーディングカンパニーとして業界を牽引

2021-12-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、動画とコネクテッドTVに関する調査レポートを発表
日本で最も好まれる広告フォーマットは動画

2021-10-21 16:00:00 CRITEO
Criteo、クッキーレス環境下での広告のパーソナライズを可能にする、「Criteoコンテクスチュアル広告」のベータ版の提供を開始


2021-07-28 07:00:00 CRITEO
Criteo、アジア太平洋地域向けのリテールメディアソリューションの提供を拡大
APACリテールメディア担当マネージングディレクターに就任した藤中太郎がリテールメディアエコシステムを推進

2021-06-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、グリーンエネルギーを使用した新しいデータセンターを東京に開設
日本の広告主とパブリッシャーに、より効果的な広告配信提供のため設備を改善・強化

2021-06-04 11:00:00 CRITEO
Criteo、リブランディングによる新しいブランドアイデンティティを発表
新しいロゴとタグライン「The Future is Wide Open」と共に、大きく開かれた広告の未来へと新たな章をスタート

2021-05-20 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における旅行トレンドに関する調査レポートを発表
・年内は国内旅行が継続傾向

2021-02-17 10:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における国内企業マーケティング最新動向調査レポートを発表
*50%が既存顧客維持のためマーケティング部門の重要性が高まったと回答

2020-12-01 11:00:00 CRITEO
Criteo、Oracle Data Cloud との連携でブランドセーフティ強化を発表
最優先事項であるブランドセーフティ機能を強化し、より良いコントロールをマーケターに提供

2020-11-12 11:00:00 CRITEO
Criteo、Unified ID開発取り組みへの参加を発表
The Trade Deskと協働し、オープンソースであるUnified ID 2.0の共同開発に参画

2020-09-24 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表
口コミとターゲティング広告がモバイルアプリのインストールを促進

2020-05-16 11:00:00 CRITEO
Criteo、ニールセンのデジタル広告効果測定ソリューションの導入を発表
リーチした消費者を属性別に測定可能にし、パフォーマンスキャンペーンのブランドリフト効果をより分かりやすく

2020-05-12 12:00:00 CRITEO
Criteoの検討層向けソリューション、Yahoo! JAPANに配信開始
新製品のWeb ConsiderationやCriteo アプリインストールをはじめコンバージョン前の顧客獲得を促進するCriteoソリューションでYahoo! JAPANへの配信が可能に