運営会社

報道関係各位
2022年11月22日
CRITEO

Criteo、「Criteoリセラープログラム」におけるアッパーファネル向け機能拡張を発表

マーケットプレイス型プラットフォーム事業者の収益性の向上と、各セラーの新規ユーザーの集客や購買を強化

コマースメディア・プラットフォームで世界をリードするグローバルなテクノロジー企業であるCriteo (クリテオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、マーケットプレイス型プラットフォーム事業者の収益性を向上させるソリューション「Criteoリセラープログラム」(以下、CRP)の機能拡張を発表しました。

新たにアッパーファネル向けのオーディエンスをターゲティングする機能が拡張されたことにより、プラットフォーム事業者およびセラーと呼ばれる出店ブランド・企業・店舗は、新規のユーザーにも広告を配信し、集客や購買を強化することができます。

CRP(*1)は、Criteoの提供するマーケティング・テクノロジーを使って、マーケットプレイス型のプラットフォーム事業者が、自社の広告プラットフォームとして、出店するセラーに対し個別にターゲティング広告のキャンペーンを実施することを可能にするソリューションです。

従来は、一度プラットフォーム事業者のサイトを訪れたことのあるユーザーに対するリターゲティング・キャンペーンの実施のみが可能でしたが、この度の機能拡張により、コマースに特化したCriteoの膨大なオーディエンス(ユーザー)の中から、購買に繋がる見込みの高い新規ユーザーに対してターゲティング・キャンペーンを実施することができます。
現在、Criteoが提供するコマースオーディエンス、類似オーディエンス、リスト配信などのオーディエンス・ターゲティングについて既に検証済みで、近日リリース予定です。

アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」で三年前からCRPを活用し、今回新しく拡張されたオーディエンス機能を導入した株式会社マクアケのコミュニケーション戦略本部/マーケティング部/プロジェクトグロースチーム 栗岩 洋平氏は次のように述べています。
「Makuakeは新商品や新サービスに関するプロジェクトが掲載される中で、気に入った商品を予約販売の形で応援購入ができるオンラインプラットフォームです。以前から各プロジェクトの応援購入総額の最大化という点からCRPを導入(*2)し、他メディアと比較して安価なCPAで獲得ができている実績があるなど、確かなマーケティング効果を実感しておりました。今回の機能拡張が、Makuakeでプロジェクトをご実施いただいている企業・店舗などにおいて、さらなる新規ユーザー獲得という目標のために、確かな一助となることを期待しています」

Criteoのリセラープログラム担当カスタマー・ソリューション&イノベーション部門責任者である平澤 新人は次のように述べています。
「従来、大手マーケットプレイス企業を中心にご活用いただいてきたCRPですが、最近では、国内の中小マーケットプレイス企業に加え、中国や韓国からの引き合いも増え、APAC市場全体においてもマーケットプレイスの収益力向上への注目度が高まっていることを実感しています。リターゲティング広告のみならず、アッパーファネルのソリューション展開を強化していくことで、今後もプラットフォーム事業者様の収益性の強化を支援していきたいと考えています」

*1 Criteo リセラープログラムについて
Criteo リセラープログラム(Criteo Reseller Program、英語名称:Criteo Offsite Ads)は、マーケットプレイスを運営するプラットフォーム企業がCriteoのマーケティング・テクノロジーを、広告商材として売り手となる参加企業や店舗へ提供することで、マーケットプレイスの収益向上と、売り手の集客サポートを可能にするプログラムです。ECプラットフォーム事業者は単一のUIを通じてセラー単位での予算管理や入札といった細かい配信のコントロールができます。
セラーにとっては、数多くのブランドや商品を扱うマーケットプレイス型のプラットフォーム主導の広告のキャンペーンにおいて、全体のマーケティング・パフォーマンスの最適化によって注目度の高いブランドや商品が広告内で頻繁に表示されやすく、注目度の低いブランドや商品におけるマーケティング・パフォーマンスが改善されにくい点が課題でした。CRPを活用することで、それぞれのセラーが自社の集客や購買を強化するためのマーケティングキャンペーンを簡単に実施することができます。またプラットフォーム事業者にとっては、自社のマーケティングキャンペーンにセラーが加わることによって、より規模の大きなマーケティングキャンペーンを実施することができ、かつ広告収入も得られるため、収益性が向上します。

*2マクアケでは希望のあった事業者(実行者)毎に予算を頂き、事業者毎に応じたCRPの導入サポートを行なっております。


■Criteo (クリテオ) について■
Criteo S.A.(NASDAQ: CRTO)は、より良いコマースの成果をマーケターやメディアオーナーに提供するグローバルコマースメディア企業です。業界をリードするコマースメディア・プラットフォームは、22,000人以上のマーケターと数千以上のメディアオーナーを連携させ、商品との出会いから購入までのより豊かな体験を消費者にもたらします。信頼性に高いインパクトのある広告を提供することで、Criteoは、新たな発見、イノベーションの実現、より豊かな選択を可能にするオープンインターネットを支えています。 ※CRITEO株式会社はその日本法人です。www.criteo.com/jp/



■CRITEOのプレスリリース一覧


2022-11-22 11:00:00 CRITEO
Criteo、「Criteoリセラープログラム」におけるアッパーファネル向け機能拡張を発表
マーケットプレイス型プラットフォーム事業者の収益性の向上と、各セラーの新規ユーザーの集客や購買を強化

2022-05-24 11:00:00 CRITEO
Criteo、フルファネルマーケティングを強化する「Criteo 動画広告」を提供開始
世界最大級のリーチを誇るコマースデータセット「Criteoショッパーグラフ」をもとに、ブランド広告主の認知拡大キャンペーンをサポート

2022-04-21 11:00:00 CRITEO
Criteo、コマースメディア最新動向調査レポートを発表
サイロ化したデジタル・マーケティングから脱却するテクノロジーへの投資が必須

2022-03-17 11:00:00 CRITEO
Criteo、進化し続ける消費者のショッピング動向に関する調査レポート「ショッパーストーリー2022」を発表
消費者のショッピングジャーニーは、ますますハイブリッド化

2022-03-01 11:00:00 CRITEO
「Criteoリテールメディア」が、「au PAY マーケット」に国内初導入


2022-02-01 11:00:00 CRITEO
Criteo、「JICDAQ認証」を取得
「JICDAQ品質認証事業者」として登録

2021-12-10 11:00:00 CRITEO
Criteo、アドテクのプラットフォームで市場をリードするIPONWEB社の買収に向けた独占交渉に入ったことを発表
* ポストサードパーティクッキーおよびポスト広告IDの世界においてもリーディングカンパニーとして業界を牽引

2021-12-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、動画とコネクテッドTVに関する調査レポートを発表
日本で最も好まれる広告フォーマットは動画

2021-10-21 16:00:00 CRITEO
Criteo、クッキーレス環境下での広告のパーソナライズを可能にする、「Criteoコンテクスチュアル広告」のベータ版の提供を開始


2021-07-28 07:00:00 CRITEO
Criteo、アジア太平洋地域向けのリテールメディアソリューションの提供を拡大
APACリテールメディア担当マネージングディレクターに就任した藤中太郎がリテールメディアエコシステムを推進

2021-06-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、グリーンエネルギーを使用した新しいデータセンターを東京に開設
日本の広告主とパブリッシャーに、より効果的な広告配信提供のため設備を改善・強化

2021-06-04 11:00:00 CRITEO
Criteo、リブランディングによる新しいブランドアイデンティティを発表
新しいロゴとタグライン「The Future is Wide Open」と共に、大きく開かれた広告の未来へと新たな章をスタート

2021-05-20 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における旅行トレンドに関する調査レポートを発表
・年内は国内旅行が継続傾向

2021-02-17 10:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における国内企業マーケティング最新動向調査レポートを発表
*50%が既存顧客維持のためマーケティング部門の重要性が高まったと回答

2020-12-01 11:00:00 CRITEO
Criteo、Oracle Data Cloud との連携でブランドセーフティ強化を発表
最優先事項であるブランドセーフティ機能を強化し、より良いコントロールをマーケターに提供

2020-11-12 11:00:00 CRITEO
Criteo、Unified ID開発取り組みへの参加を発表
The Trade Deskと協働し、オープンソースであるUnified ID 2.0の共同開発に参画

2020-09-24 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表
口コミとターゲティング広告がモバイルアプリのインストールを促進

2020-05-16 11:00:00 CRITEO
Criteo、ニールセンのデジタル広告効果測定ソリューションの導入を発表
リーチした消費者を属性別に測定可能にし、パフォーマンスキャンペーンのブランドリフト効果をより分かりやすく

2020-05-12 12:00:00 CRITEO
Criteoの検討層向けソリューション、Yahoo! JAPANに配信開始
新製品のWeb ConsiderationやCriteo アプリインストールをはじめコンバージョン前の顧客獲得を促進するCriteoソリューションでYahoo! JAPANへの配信が可能に