運営会社

報道関係各位
2021年06月09日
CRITEO

Criteo、グリーンエネルギーを使用した新しいデータセンターを東京に開設

日本の広告主とパブリッシャーに、より効果的な広告配信提供のため設備を改善・強化

世界最先端のコマースメディアプラットフォームを提供するグローバルなテクノロジー企業であるCriteo(クリテオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、新しいデータセンターを東京に開設し、稼働を開始しました。日本では2011年および2012年に開設されたデータセンターに続く3か所目となり、アジア太平洋地域で最大のデータセンターとなります。
最新のデータセンターは、日本と韓国を含む北アジアの広告主とパートナーの広告配信とパフォーマンスを向上させることを目的とし、この地域においてより良いサービスの提供に努めてまいります。
最新のテクノロジーが使用されている同データセンターは、従来より少ない電力の使用と二酸化炭素排出量の削減を実現し、環境にも配慮しています。

2020年の日本の総広告費は、世界的な新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け6兆1,594憶円(前年比88.8%)で、9年ぶりのマイナス成長となりました。
一方で、リモートワーク、キャッシュレス決済などコロナ禍での環境において、社会におけるデジタルトランスフォーメーションの加速に伴いインターネット広告費がプラス成長となり、プログラマティック広告取引、リアルタイム広告入札(RTB:Real Time Bidding)が急速に増加し続けています。Criteoは、広告業界の高まるニーズを満たすため、過去10年間でグローバルのサーバープールを150から45,000以上に拡大してきました。 東京に新しいデータセンターを開設することにより、より効率的かつ迅速にパブリッシャーの広告在庫へのアクセスを可能にし、広告主にプレミアムな広告スペースをスピーディーに提供するなど、クライアントやパートナーへの付加価値を高めることができます。

高い効果を発揮するため最新のテクノロジーが使用されている同データセンターは、より少ない電力で稼働され、二酸化炭素排出量削減にも貢献しています。
現在、Criteoのデータセンターにおけるエネルギー消費の84%はグリーン電力証書を通じた再生可能エネルギーによるもので、2018年の75%から、9%増加しています。Criteoは、自社のデータセンターを100%の再生可能エネルギーで稼働させることを目標としています。

新しいデータセンターの特徴
新設されたデータセンターは、オンプレミスによる400G IPファブリックで全てのサーバーが25Gbps インターフェース接続となり、より早い処理能力で広告キャンペーンを実行します。以下が特徴となります。

  • オンプレミス(自社運用)で、400G IPファブリックを使用
  • 全てのサーバーを速度25Gbpsのインターフェースで接続
  • 新しいサーバー1台が最大で従来のサーバー4台分に相当し、ワットあたりのQPS比が最適化されることで、従来より2~3倍のパフォーマンスを発揮
  • サーバーコストを削減
  • 最新技術と性能の高いサーバーを使用することで、サーバーラックの密度を改善
  • 約400平方メートルのサーバースペース

新データセンター開設について Criteoの日本代表取締役のグレース・フロムは次のように述べています。
「米国外で最大の市場である日本で、3番目のデータセンターを開設したことを大変嬉しく思います。日本の広告業界は成長を続けており、Criteoにとって日本はアジア太平洋地域の主要市場です。Criteoは引き続きソリューションの多様化、設備と研究開発のアップグレードに投資し、クライアントにより良いサービスとパフォーマンスを提供していきます。また、グリーンエネルギーを使用したデータセンターは、社会と環境に貢献するCriteoのコミットメントを表しています」

また、同社CTOのディルムッド・ジル(Diarmuid Gill)は次のように語っています。
「Criteoは環境への影響を意識しており、ITインフラ部門は常にそれを念頭に置いて、データセンターの改善に取り組んでいます。
最先端のテクノロジーと持続可能な方法を組み合わせることで、世界中に位置する我々の強力なデータセンターは、毎週最大3.7兆の入札リクエストをサポートし、毎秒6400万以上のキャンペーンを評価し、1日あたり900テラバイトのデータを蓄積できます」

Criteoは現在グローバルで計9つのデータセンターを運用し、北米、欧州、アジア太平洋地域でおよそ46,000ものサーバーをデジタルパフォーマンス広告分野におけるデータ分析に活用しています。
今後もグローバルテクノロジーカンパニーとして、マーケターへ信頼と効果の高い広告展開を提供していきます。

[1] 株式会社電通 「2020年 日本の広告費」:https://www.dentsu.co.jp/news/release/2021/0225-010340.html
[2] Queries per second:問合せに応答するサーバーの性能指標で、1秒間に処理できる問合せの数


■Criteo (クリテオ) について■
Criteo(NASDAQ:CRTO)は、世界最先端のコマースメディアプラットフォームを提供するグローバルなテクノロジー企業です。
世界20,000社以上の広告主、数千のパブリッシャーと連携して得られる膨大なデータを機械学習を用いて精密に分析することで、全ての広告チャネルを通じた効率的な広告配信を実現します。
Criteoはテクノロジーを通じて、あらゆる規模の広告主に対し、ユーザーが本当に求めているものに出会える仕組みを提供します。
※CRITEO株式会社はその日本法人です。www.criteo.com/jp/



■CRITEOのプレスリリース一覧


2021-10-21 16:00:00 CRITEO
Criteo、クッキーレス環境下での広告のパーソナライズを可能にする、「Criteoコンテクスチュアル広告」のベータ版の提供を開始


2021-07-28 07:00:00 CRITEO
Criteo、アジア太平洋地域向けのリテールメディアソリューションの提供を拡大
APACリテールメディア担当マネージングディレクターに就任した藤中太郎がリテールメディアエコシステムを推進

2021-06-09 11:00:00 CRITEO
Criteo、グリーンエネルギーを使用した新しいデータセンターを東京に開設
日本の広告主とパブリッシャーに、より効果的な広告配信提供のため設備を改善・強化

2021-06-04 11:00:00 CRITEO
Criteo、リブランディングによる新しいブランドアイデンティティを発表
新しいロゴとタグライン「The Future is Wide Open」と共に、大きく開かれた広告の未来へと新たな章をスタート

2021-05-20 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における旅行トレンドに関する調査レポートを発表
・年内は国内旅行が継続傾向

2021-02-17 10:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍における国内企業マーケティング最新動向調査レポートを発表
*50%が既存顧客維持のためマーケティング部門の重要性が高まったと回答

2020-12-01 11:00:00 CRITEO
Criteo、Oracle Data Cloud との連携でブランドセーフティ強化を発表
最優先事項であるブランドセーフティ機能を強化し、より良いコントロールをマーケターに提供

2020-11-12 11:00:00 CRITEO
Criteo、Unified ID開発取り組みへの参加を発表
The Trade Deskと協働し、オープンソースであるUnified ID 2.0の共同開発に参画

2020-09-24 11:00:00 CRITEO
Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表
口コミとターゲティング広告がモバイルアプリのインストールを促進

2020-05-16 11:00:00 CRITEO
Criteo、ニールセンのデジタル広告効果測定ソリューションの導入を発表
リーチした消費者を属性別に測定可能にし、パフォーマンスキャンペーンのブランドリフト効果をより分かりやすく

2020-05-12 12:00:00 CRITEO
Criteoの検討層向けソリューション、Yahoo! JAPANに配信開始
新製品のWeb ConsiderationやCriteo アプリインストールをはじめコンバージョン前の顧客獲得を促進するCriteoソリューションでYahoo! JAPANへの配信が可能に